鎌倉幕府と室町幕府の仕組みの違い

鎌倉幕府と室町幕府の仕組みの違いです。この仕組みの違いは、よく入試や実力テストにも出題されるので要注意です。テスト前には、必ず復習をして臨みましょう。

鎌倉幕府と室町幕府

比較 鎌倉幕府 室町幕府
補佐 執権 管領
統率 侍所 侍所
財政 政所 政所
裁判 問注所 問注所
警察 守護 守護
土地管理 地頭 地頭
地方警備 六波羅探題(京都) 鎌倉府(関東)
スポンサーリンク

鎌倉時代の重要用語

  • 執権政治…北条時政が執権の座に就いて以降、北条氏が実験を握る。
  • 承久の乱…1221年、後鳥羽上皇が幕府を倒すため挙兵。しかし幕府に敗れ隠岐に流される。
  • 六波羅探題…承久の乱をきっかけに、朝廷を監視するために京都に置かれた。
  • 御成敗式目…1232年、北条泰時が制度化した、会議での判断基準をまとめた法律

室町時代の重要用語

  • 建武の新政…後醍醐天皇が天皇中心の新たな政治を始める。
  • 守護大名…守護が力を強め、成長。
  • 日明貿易…正式な貿易船に勘合を持たせたため勘合貿易とも呼ばれる。日本は、銅銭、生糸、絹織物を輸入。

練習問題

(1)北条時政が執権の座に就いて以降、北条氏が実験を握った政治を何というか。
(2)1221年、後鳥羽上皇が幕府を倒すため挙兵。しかし幕府に敗れ隠岐に流された乱を何というか。
(3)1232年、北条泰時が制度化した、会議での判断基準をまとめた法律を何というか。
(4)後醍醐天皇が天皇中心の新たな政治を何というか。
(5)室町幕府の補佐役を何というか。

解答

(1)執権政治
(2)承久の乱
(3)御成敗式目
(4)建武の新政
(5)日明貿易

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする