【中学英語】文型(文の構造に注意する!)

シェアする

スポンサーリンク

【中学英語】文型(文の構造に注意する!)についてまとめています。

文型

スポンサーリンク

第1文型

  • Birds fly. 鳥は飛びます。
  • Tom walks very fast. トムはとても速く歩きます。

第1文型は、主語(S)と動詞(V)だけで成り立っている文。Birds, Tom が主語で, fly, walks がそれぞれ動詞である。これに very fast という修飾語がついている。

第2文型

  • I am a student. 私は学生です。
  • She looks young. 彼女は若く見える。

第2文型は、主語と動詞と補語(C)のある文。補語は、主語が何であるか、主語の性質・状態などを説明する語で、 名詞・形容詞などが補語になる。補語は a student, young である。

第3文型

  • I study English every day. 私は毎日, 英語を勉強します。

第3文型は、目的語(O)が1つある文。目的語は動詞の動作の対象となる語で、English が目的語である。

第4文型

  • He gave me a book. 彼は私に本をくれました。
  • I told her the story.私は彼女にその話をしました。

第4文型は、目的語が2つある文。前にある目的語(me, her)は人を表す語で、後ろの目的語(a book, the story)は物を表す語。「(人)に(物)をあげる話す)」と いう意味になる。

第5文型

  • We call that boy Hiro. 私たちはあの少年をヒロと呼びます。
  • The news made me happy. その知らせは私を幸せにしました。

第5文型は、主語 動詞,目的語、補語のある文。この文型の補語は目的語に説明を加えていて,0=Cの関係が成り立つことに注意。that boy = Hiro であり,me = happy である。名詞・形容詞などが補語になる。第5文型をつくる動詞には call, name, make, keep などがある。

第3文型と第4文型の書き換え

第4文型く主語+動詞 +(人)+(物)〉は第3文型(主語+動詞+(物)+ to (for]+(人)》に書きかえられる。動詞が give, tell, teach,show, lend などのときはto を使い, buy, make,get などのときは for を使う。

(物)を表す目的語が it の ときは, itを前に出す。

(○) Itold it to him.
(×)I told him it.

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク