中学公民「国際地域紛争のまとめ」地図で把握

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「国際地域紛争のまとめ」地図で把握です。

戦後の地域紛争

第二次世界大戦後の主な紛争

第二次世界大戦後の主な紛争

第二次世界大戦が終結すると、米ソの冷戦を映した対立が世界各地で紛争や戦争に発展していった。

  • 1948年、朝鮮半島は北緯38度線を境界として、北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、南は大韓民国に分裂した。
  • 南北に分かれていたベトナムでは、アメリカが南べトナムに加担したことから、ベトナム戦争がはげしくなった。
  • 1962年のキューバ危機はアメリカのケネディ大統領と旧ソ連のフルシチョフ両首脳の話し合いで、武力衝突をしないで解決した。
  • 1979年にソ連がアフガニスタンに侵攻すると、アメリカの強い反発を招き、米ソ関係は悪化した。
  • 1990年イラクによるクウェート侵攻により中東情 勢が緊迫し、1991年に多国籍軍による武力行使が開始され湾岸戦争がはじまった。

近年の地域紛争

近年の地域紛争

近年の地域紛争

  • 1948年に、ユダヤ人によってパレスチナ地区にイスラエルが建国されたが、周囲に住むアラブ人と衝突し、長く紛争が続いている。
  • 1991年に、旧ソビエト連邦が解体したとき、チェチェン共和国は独立を宣言したが、ロシアの反発にあって1994年、紛争が始まった。
  • インドネシアから独立を目指した東ティモールは、国際連合などの支援を得て、2002年、独立を達成した。
  • アメリカ合衆国のプッシュ大統領は、イラクのフセイン大統領が、大量破壊兵器を持っているとして、2003年にイギリスとともにイラクを攻撃し、イラク戦争が始まった。
  • 1947年以降、インドとパキスタンの間で、ミール地方の帰属をめぐり紛争が続いている。

まとめ

第二次世界大戦後、世界は米ソ両大国を中心とする東西両陣営に分裂。ヨーロッパでの東西分立、アジアでの武力衝突の後、両陣営の対立は、核の脅威のもとに米ソ直接対決を避け、世界的な軍事ブロックを結成して向き合う冷戦になった。

戦後、アメリカは国際連合で重要な地位を占め、経済再建に指導的な役割を果たした。そして資本主義世界の指導国家として、ソ連を中心とする社会主義国家と鋭く対立し、マーシャル=プラン、NATO設立、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争などの反共政策は、つねに国際政局の焦点となった。
確認中学歴史「第二次世界大戦と太平洋戦争」

スポンサーリンク

公民 国際政治の学習

以上が、中学公民「国際地域紛争のまとめ」地図で把握となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク