アメリカの農業(農産物)のそれぞれの地域の特色と違い・比較

シェアする

スポンサーリンク

アメリカの農業(農産物)のそれぞれの地域の特色と違い・比較です。アメリカが、広大な国土利用して、大規模な生産が大きな特徴ですが、国土が広いだけに、場所によって気候などの条件が異なり、それに合わせた農業が展開されています。ですので、地域ごとに、農業の特色をおさえておかなければなりません。入試でもよく出題されるところなので、確実に覚えていきましょう。それでは、アメリカの農業(農産物)のそれぞれの地域の特色と違い・比較です。

アメリカの農業・農産物

地域 プレーリーからグレートプレーンズ 中央平原北部のオハイオ州からアイオワ州 五大湖の周辺 南部一帯から東部 カリフォルニア州 西経100°より西
農産物 小麦 トウモロコシ・大豆 綿花・大豆・落花生 ぶどう、オリーブ、オレンジ
農業 酪農 地中海式農業 放牧
  • 労働者を雇い大型機械を使用して大規模に栽培。自然条件や社会条件に適した作物を栽培(適地適作)。大規模に栽培すると生産にかかる費用は安くなる。
  • アメリカは、世界の食料庫で、小麦・トウモロコシ・大豆などを大量に生産し、世界各地に輸出している。アメリカ合衆国で生産された農作物は世界各地に輸出。
スポンサーリンク

プレーリーとグレートプレーンズ

グレートプレーンズとプレーリーは、どちらも広大な平野のことです。中央平原には、北アメリカ大陸最長のミシシッピ川が流れています。
確認【北アメリカの地形】グレートプレーンズとプレーリーとの比較と違い

地中海式農業

地中海式農業は、地中海沿岸で乾燥する夏は果樹栽培、降水量の多い冬は小麦を栽培する農業。アメリカではカルフォルニア州。
確認入試に出る世界の農業の比較・違いと特徴を知ろう!
確認ヨーロッパ州の国々の「農業(混合農業、酪農、地中海式農業)」の比較と違い

適地適作

広大な国土をもち、企業的農業を行っているアメリカ合衆国では、作物は 適地適作主義にしたがい、採算上最も有利なものが選択される。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする