中学英語の「一般動詞(現在)」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語の「一般動詞(現在)」についてまとめています。一般動詞について、使い方、否定文や疑問文の作り方などにもふれています。それでは、中学英語の「一般動詞(現在)」をみていきましょう。

一般動詞

一般動詞は、「~する」という動作の状態をあらわす動詞を、be動詞と区別して一般動詞といいます。主語が、I,you,複数のときで、現在の場合は、一般動詞の原形(動詞の語尾にs,esのつかない元の形のこと)と同じ形です。

スポンサーリンク

三人称・単数の時

三人称・単数の時のは、原形の動詞の語尾にs,esを付けます。3人称・単数・現在の場合につけるので、3単現のsといわれ方もします。

e(es)の付け方

e,es 動詞の形(例) 例文
動詞の原形+s run→runs The boy runs in the park.
動詞の原形+es go→goes The boy goes to school.
yをiにかえてesをつける study→studies He studies English.
不規則に変化する have→has My mother has some CDs.

一般動詞の否定文

現在の否定文の「~しない」という現在の否定文では、主語がI,you,複数のときは、一般動詞の原形の前にdo notをまたは、don’tをつけます。do notをまたは、don’tの後にくる動詞は、原形となります。

3人称・単数のときは、一般動詞の原形の前にdoes notをまたは、doesn’tをつけます。does notをまたは、doesn’tの後にくる動詞は、原形となります。

  • You don’t like soccer.(あなたは、サッカーが好きでありません。)
  • Emi does not have a bird.(エミは、鳥を飼っていません。)

一般動詞の疑問文

現在の疑問文の「~しますか」という現在の疑問文は、Do(Does)+主語+動詞の原形~?)の語順となります。主語が、I,you,複数の時は、Do、3人称・単数のときは、Doseとなります。

答え方は、Yes,Nowを使います。疑問詞がある場合は、Yes,noでは答えず、現在の文で答えます。

  • Do you study English? Yes,I do.(あなたは英語を勉強しますか?はい、します。)
  • Does Emi like soccer? No,She does not.(エミは、サッカーが好きですか?いいえ、好きではありません。)
  • What does Emi have? She has a bird.(エミは、何を飼っていますか?彼女は、鳥を飼っています。)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク