高校入試に出るヨーロッパ(EU)各国の特徴と違いを3分で理解!

高校入試に出るヨーロッパ(EU)各国の特徴と違いを3分で理解!です。イギリスのEU離脱もあり、時事問題としても注意が必要です。それでは、人口や産業などの違いや特徴を「高校入試に出るヨーロッパ(EU)各国の特徴と違いを3分で理解!」でみていきましょう。

ヨーロッパ(EU)各国の特徴と違い

イギリス フランス ドイツ イタリア オランダ ロシア
人口 約6200万人 約6200万人 約8200万 約6000万人 約1700万人 約1億4100万人
気候 比較的温和 地中海性気候 冷帯・寒帯
工業 北海油田 原子力発電 EU最大の工業国鉄鋼業・化学工業・自動車工業 石油化学工業 石油・原油・天然ガス
農業 EU最大の農業国・小麦 地中海式農業ぶどう、オリーブ 園芸農業・酪農 小麦
都市 首都ロンドン 首都パリは芸術の都 首都はベルリン
その他 ユーロトンネル 環境先進国 世界遺産の数は世界一 ユーロポート 針葉樹林帯(タイガ)
スポンサーリンク

重要用語

  • (イギリス)北海油田…原油輸出国となるが近年は生産量が減少。
  • (イギリス)ユーロトンネル…ドーバー海峡を通り大陸と結んでいる。
  • (ドイツ)環境先進国…水質汚濁や酸性雨の被を害激しい規制で大気汚染や交通渋滞が和らいでいます。
  • (イタリア)世界遺産…ローマ帝国の遺産があり、世界遺産の数は世界一。
  • (フランス)ユーロポート…EUの最大の貿易港。石油化学工業も発達。

比較と違い(中学地理編)

比較と違い(中学歴史編)

比較と違い(中学公民編)

スポンサーリンク

シェアする