中学地理の「ヨーロッパ州」で覚えておくべきことまとめ

シェアする

中学地理の「ヨーロッパ州」で覚えておくべきことまとめです。ヨーロッパ州は、広大であり、その国々で大きく特徴がことなります。そのあたりもしっかりおさえましょう。

ヨーロッパ州

地理的なことである、地形、農業、工業はもちろん、歴史的におさえておくべきことについてもまとめています。

スポンサーリンク

各国の特徴

イギリス フランス ドイツ イタリア オランダ ロシア
人口 約6200万人 約6200万人 約8200万 約6000万人 約1700万人 約1億4100万人
気候 比較的温和 地中海性気候 冷帯・寒帯
工業 北海油田 原子力発電 EU最大の工業国鉄鋼業・化学工業・自動車工業 石油化学工業 石油・原油・天然ガス
農業 EU最大の農業国・小麦 地中海式農業ぶどう、オリーブ 園芸農業・酪農 小麦
都市 首都ロンドン 首都パリは芸術の都 首都はベルリン
その他 ユーロトンネル 環境先進国 世界遺産の数は世界一 ユーロポート 針葉樹林帯(タイガ)

農業

種類 混合農業 酪農 地中海式農業
国・地域 アルプス山脈より北 デンマーク、オランダ アルプス山脈より南(イタリアなど)
内容 穀物・飼料作物の栽培と家畜の飼育を組み合わせた農業 乳牛を飼育 夏の乾燥に強い作物をつくる農業
農作物など ライ麦、小麦、じゃがいも バターやチーズを生産 ぶどう、オリーブ。冬は小麦。
  • フランスはEU最大の農業国。小麦の生産量・輸出量は世界有数(どちらも5位)。
  • オランダは、園芸農業が盛んで、酪農によりチーズなどを生産。
  • イタリアの地中海式農業は、ぶどう、オリーブは世界有数の生産。

民族・宗教

宗教はキリスト教が中心

  • ラテン系民族…南部に分布。カトリックが多い
  • ゲルマン系民族…北部・西部に分布。プロテスタントが多い。
  • スラブ系民族…東部に分布。正教会が多い。
    独自の言語、民族、宗教を中心に国が成り立っている。

大航海時代

香辛料などを求めて新航路を探した。

  • ポルトガル…インド航路を発見。バスコ・ダ・ガマが1498年インドにわたる。
  • スペイン…イタリア人のコロンブスの航海を援助。コロンブスは1492年、大西洋を横断し、カリブ海の海に到達。マゼランは、部下が船隊を引きつぢ、1522年、世界一周を達成。

ヨーロッパの産業革命

  • イギリス…国力が高まり、世界の自由主義を広める。
  • ドイツ…ビスマルクが富国強兵を進め、1871年に統一。

ヨーロッパと日本

南蛮人(ポルトガル人・スペイン人)との貿易。平戸・長崎で開始。日本は銀を輸出。生糸などを輸入。

  • 鉄砲…1543年、種子島に漂着したポルトガル人が伝え、戦国大名が注目。
  • キリスト教…1549年、イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルが伝える。キリシタン(キリスト教徒)大名も出現。

江戸時代は、長崎港でヨーロッパ・中国と貿易を行う。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク