【中2英語】不定詞の3用法(名詞的・副詞的・形容詞的用法)

シェアする

スポンサーリンク

【中2英語】不定詞の3用法(名詞的・副詞的・形容詞的用法)についてまとめています。

名詞的用法

  • I want to visit New York. 私はニューヨークを訪れたい。
  • To sing is a lot of fun. 歌うことはとても楽しい。
  • His job is to teach English. 彼の仕事は英語を教えることです。
スポンサーリンク

不定詞の形と名詞的用法

(to +動詞の原形)を不定詞という。「~すること」という意味を表し、文中で目的語・主語・補語の働きをするものを名詞的用法の不定詞という。

名詞的用法の不定詞 を目的語にとる動詞には、

  • want to ~(~したい)
  • like to ~(~することが好きだ)
  • try to ~(~しようとする(努める」)
  • begin (start) to ~(~し始める),
  • would like to ~(~したい)ていねいな言い方

がある。

副詞的用法

  • I came here to talk with you. 私はあなたと話すためにここに来ました。
  • Why did you go to America?- To study English. なぜあなたはアメリカへ行ったのですか。英語を勉強するためです。
  • I’m glad to see you again.あなたにまた会えてうれしいです。

目的を表す

不定詞は「~するために」と、動作の目的を表すことがある。このような不定詞は動詞を修飾するので,副詞的用法の不定詞という。副詞的用法の不定詞は、 Why ~?の疑問文に対して目的を答えるときに使われる。

原因を表す

副詞的用法の不定詞は、感情を表す形容詞を修飾して,その原因を表す ことがある。日本語では「~して」と訳される。

  • be glad to ~ (~してうれしい)
  • be sorry to ~ (~して残念だ)
  • be surprised to ~ (~して驚く)

形容詞的用法

  • I have a lot of homework to do today. 私には今日, するべき宿題がたくさんあります。
  • The dog wants something to eat. その犬は何か食べるものをほしがっています。
  • The man had no house to live in, その男の人には住む家がありませんでした。

ポイント

形容詞的用法は、「~するための, ~すべき」という意味で,すぐ前の名詞や代名詞を修飾する不定詞を,形容詞的用法の不定詞という。形容詞的用法の不定詞はあとに前置詞をともなうことがある。

  • ~thingを修飾する形容 がある場合は、(~thing +形容詞 + to + 動詞の原 形)の語順になる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク