高校入試歴史によく出題される外国人のまとめ

高校入試歴史によく出題される外国人のまとめです。古代から現代まで、案外多い人物が登場しますので、確実に覚えていきましょう。それでは、高校入試歴史によく出題される外国人のまとめをみていきましょう。

歴史によく出題される外国人

  • 鑑真…753年に来日した唐の僧で、日本の仏教のしくみを整え、唐招提寺を建てた。
  • フランシスコ=ザビエル…1549年に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名
  • ルター…宗教改革でキリスト教の新しい教えを説いた。
  • コロンブス…大航海時代、スペインの援助を受け、カリブ海の島に到達した。
  • バスコ・ダ・ガマ…ヨーロッパからアフリカ南岸を経てインドへ航海した記録に残る最初のヨーロッパ人
  • ガンジー…イギリスに対する非暴力・不服従の運動をすすめたインド独立運動の指導者
  • ジョージ・ワシントン…アメリカ合衆国初代大統領。
  • ムッソリーニ…イタリアでファシスト党を率いて独裁を行った。
  • ヒトラー…国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党・ナチス党)の指導者
  • チャーチル…アメリカのルーズベルト大統領とともに大西洋憲章を発表したイギリスの首相
  • 毛沢東…1949年に中華人民共和国が成立したときの主席
  • 孫文…民族の独立、政治的な民主化、民衆の生活の安定の3つからなる革命理論を唱えた人物
  • マッカーサー…戦後のGHQである連合国軍最高司令官を務めた
スポンサーリンク

練習問題

  1. イタリアでファシスト党を率いて独裁を行ったのは誰か。
  2. 国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党・ナチス党)の指導者は誰か。
  3. アメリカのルーズベルト大統領とともに大西洋憲章を発表したイギリスの首相は誰か。
  4. 1949年に中華人民共和国が成立したときの主席は誰か。

解答

  1. ムッソリーニ
  2. ヒトラー
  3. チャーチル
  4. 毛沢東

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする