中学歴史の「江戸時代(元禄文化と化政文化)」の比較

シェアする

中学歴史の「江戸時代(元禄文化と化政文化)」の比較です。よく入試やテストでも出題されにも関わらず、おろそかにされがちな文化についてです。中でも、元禄文化と化政文化は、登場する人物、ジャンルも多く混乱します。しっかり整理、比較しながら覚えていきましょう。それでは、中学歴史の「江戸時代(元禄文化と化政文化)」の比較です。

元禄文化と化政文化

比較 元禄文化 化政文化
時代 江戸前半 江戸後半
場所 上方(大阪) 江戸
特徴 町人中心 庶民中心
浮世草子(小説) 井原西鶴 十返舎一九・滝沢馬琴
俳諧(俳句) 松尾芭蕉 与謝野蕪村・小林一茶
人形浄瑠璃 近松門左衛門
装飾画 尾形光琳
浮世絵 菱川師宣 鈴木晴信
風景画 葛飾北斎・歌川広重
美人画 喜多川歌麿
その他 歌舞伎 藩校、寺子屋

江戸時代の後半は、新しい学問として、国学、蘭学の研究もすすみました。私塾や藩校なども次々つくられ、教育は広がっていきました。(例)緒方洪庵の適塾

  • 国学…本居宣長の古事記伝
  • 蘭学…杉田玄白などの解体新書、伊能忠敬の日本地図作成
    ※蘭学とは、オランダ語でヨーロッパの学問や文化を学ぶ学問
スポンサーリンク

近松門左衛門

江戸時代の前期の俳人。伊賀の国上野(現在の三重県伊賀市)に生まれます。俳諧を学んだのち。江戸に出て深川の芭蕉庵に暮らし、「蕉風俳諧」を作りました。紀行文に、「野ざらし紀行」「笈の小文」などがあります。
確認中学国語の「おくのほそ道(夏草)」

本居宣長

国学四大人の一人で、古典研究を行い語句・文章の考証を中心とする精密・実証的な研究法により、古事記・源氏物語など古典文学の注釈や漢字音・文法などの国語学的研究にすぐれた業績を残す。

小林一茶

「名月をとってくれろと泣く子かな」(意味:背中に背負われた幼な子が、大空にこうこうと輝く満月を指して、お月様を取ってくれ、とねだっていることだ)などの歌を残した俳人。
確認中学国語の「俳句」まとめ

練習問題

  1. 元禄文化のとき、見返り美人図などの浮世絵で知られるのは誰か。
  2. 人間浄瑠璃の台本の作成で知られるのは誰か。
  3. 国学者で古事記伝を著した人物は誰か。
  4. 化政文化のとき、日本地図作成したの誰か。
  5. オランダ語でヨーロッパの学問や文化を学ぶ学問を何学というか。

解答

  1. 菱川師宣
  2. 近松門左衛門
  3. 本居宣長
  4. 伊能忠敬
  5. 蘭学

以上が、中学歴史の「江戸時代(元禄文化と化政文化)」の比較となります。しっかりおさえておかないとテスト本番で、どちらの文化の人だったか戸惑います。正誤問題でしっかり。正解を導けるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント