元禄文化と化政文化の比較

元禄文化と化政文化の比較です。よく入試やテストでも出題されにも関わらず、おろそかにされがちな文化についてです。中でも、元禄文化と化政文化は、登場する人物、ジャンルも多く混乱します。しっかり整理、比較しながら覚えていきましょう。

元禄文化と化政文化

比較 元禄文化 化政文化
時代 江戸前半 江戸後半
場所 上方(大阪) 江戸
特徴 町人中心 庶民中心
浮世草子(小説) 井原西鶴 十返舎一九・滝沢馬琴
俳諧(俳句) 松尾芭蕉 与謝野蕪村・小林一茶
人形浄瑠璃 近松門左衛門
装飾画 尾形光琳
浮世絵 菱川師宣 鈴木晴信
風景画 葛飾北斎・歌川広重
美人画 喜多川歌麿
その他 歌舞伎 藩校、寺子屋

江戸時代の後半は、新しい学問として、国学、蘭学の研究もすすみました。

  • 国学…本居宣長の古事記伝
  • 蘭学…杉田玄白などの解体新書、伊能忠敬の日本地図作成。
    ※蘭学とは、オランダ語でヨーロッパの学問や文化を学ぶ学問
スポンサーリンク

練習問題

(1)元禄文化のとき、見返り美人図などの浮世絵で知られるのは誰か。
(2)人間浄瑠璃の台本の作成で知られるのは誰か。
(3)国学者で古事記伝を著した人物は誰か。
(4)化政文化のとき、日本地図作成したの誰か。
(5)オランダ語でヨーロッパの学問や文化を学ぶ学問を何学というか。

解答

(1)菱川師宣
(2)近松門左衛門
(3)本居宣長
(4)伊能忠敬
(5)蘭学

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする