入試に出る「畑作の種類」のそれぞれの比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

畑作は、「近郊農業」「促成栽培」「抑制栽培」「施設園芸農業」とあります。入試でもそれぞれ説明させたり、それが行われている都道府県を記入せたり、地図を黒く塗りつぶさせたりして出題されるので、おさせておく必要があります。今回は、それぞれの比較をしています。それでは、入試に出る「畑作の種類」のそれぞれの比較と違いをみていきましょう。
確認促成栽培と抑制栽培のそれぞれの特徴と違いの比較

畑作の種類

種類 近郊農業 促成栽培 抑制栽培 施設園芸農業
内容 新鮮野菜などを都市へ出荷 温暖な気候を利用した野菜などの出荷時期を早める 冷涼な気候を利用した野菜などの出荷時期を遅くする 温室ビニールハウスを利用した野菜・果実などを出荷時期をずらして栽培
地域 千葉・茨城・奈良・兵庫・京都など大都市に近い地域 高知県、宮崎県 長野県、岩手県など 東海地方
スポンサーリンク

近郊農業

  • 千葉の東京湾沿岸の埋め立て地につくられた工業地域である京葉工業地域
  • 京都に平安京、奈良には、平城京など都が置かれ、多くの寺社が現在残されている。
  • 大阪は、江戸時代には「天下の台所」と呼ばれ、明治時代にかけて日本を代表する商業都市として発展。
  • 茨城は、北関東工業地域であり、機械工業が発達。埼玉・群馬・栃木ともに工業団地が点在。

もあわせて覚えておきましょう。

促成栽培

抑制栽培

  • 長野県は、ぶどう、りんごの生産量が日本有数。それぞれ第2位。
  • 岩手県には、伝統産業の南部鉄器。その他、東北地方は、津軽塗(青森県)、会津塗(福島県)、天童将棋駒(山形県)など伝統的工芸品がある。

施設園芸農業

  • 東海地方は、野菜や花の施設園芸農業、茶・みかんの栽培が盛んのほか、東海工業地域があり、浜松で楽器・オートバイ。富士で製紙などが盛ん。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする