高校入試に出る日本の「平野」を一覧にしてみた。

シェアする

スポンサーリンク

高校入試に出る日本の「平野」を一覧にしています。これらの平野は漢字で書けるようにしておくこと、また、地図帳で場所を確認することはお忘れなく。それでは、高校入試に出る日本の「平野」の一覧を見てみましょう。

高校入試に出る日本の「平野」

  • 筑紫平野…九州第一の米の産地で、筑後川下流域にクリークと呼ばれる水路が発達している平野
  • 宮崎平野…温暖な気候を利用して、ビニルハウスを使った野菜の促成栽培がさかんな九州南部の平野
  • 讃岐平野…雨が少なく、大きな川もないため、古くからかんがい用のため池がつくられてきた香川県北部の平野
  • 越後平野…日本有数の稲作地帯となっている信濃川流域に広がる平野
  • 諏訪盆地…かつて製糸業でさかえ、現在は時計・カメラなどの精密機械工業がさかんな長野県を盆地
  • 甲府盆地…周辺部の扇状地を中心にぶどうや桃の栽培がさかんな、山梨県の中央部にある盆地
  • 関東平野…関東地方には、日本で最も広い平野
  • 秋田平野・庄内平野…稲作中心の農業がおこなわれている。
  • 津軽平野…日本最大のりんど生産地として知られる青森県西部の岩木川隆起に広がる平野
  • 石狩平野…排水と客土によって泥炭地の土地改良がおこなわれ、稲作地帯となった北海道西部に広がる平野
  • 十勝平野…機械を用いた大規模な畑作が行われ、じゃがいも、てんさい、豆類などの生産がさかんな北海道南東部の平野
スポンサーリンク

練習問題

  1. 温暖な気候を利用して、ビニルハウスを使った野菜の促成栽培がさかんな九州南部の平野を何というか。
  2. 雨が少なく、大きな川もないため、古くからかんがい用のため池がつくられてきた香川県北部の平野を何というか。
  3. 日本有数の稲作地帯となっている信濃川流域に広がる平野を何というか。

解答

  1. 宮崎平野
  2. 讃岐平野
  3. 越後平野

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする