中学公民「法律の制定」審議開始から公布まで(練習問題付)

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「法律の制定」審議開始から公布までについてまとめています。

法律の制定

国会議員か、内閣が提出した法律案は、衆議院もしくは参議院のどちらかから審議を決めます。

法律の制定順序

法律の制定 立案から公布まで

スポンサーリンク

公布までの順序

  1. 法律案は、国会議員か内閣が提出する。
  2. できた法律案は、衆議院、もしくは参議院の議長に送られる。
  3. 衆議院または参議院に送られた法律案は、議長を通して委員会に送られ審議される。専門家などの意見が必要な場合は、公聴会を開くことがある。
  4. 委員会で審議された法律案は、本会議で採決される。
  5. 最終的に可決された法律案は,法律として成立し、天皇によって公布される。

その他の国会の仕事

法律の制定・改正・廃止のほか、「予算の審議・議決」「決算の審議」「内閣総理大臣の指名(両院)」「内閣不信任の決議(衆議院のみ)」「国政調査権(内閣の仕事を調査)」「条約の承認・憲法改正の発議・弾劾裁判所の設置」があります。

その他の内閣の仕事

法律を実行するほか、「条約を結ぶなどの外交の仕事」「予算案や法律案をつくり国会に提出する」「政令を定める」「最高裁判所の長官を指名」「その他の裁判官を任命」「天皇の国事行為に助言と承認をあたえる」があります。

法律 練習問題1

法律案を先に審議するのはどこですか。正しいものをア~エ から1つ選びなさい。

ア 衆議院
イ 参議院
ウ はじめに法律案が提出された議院
エ 両院の議長が相談して決めた議院

解答1

政治分野の確認

以上が、中学公民「法律の制定」審議開始から公布まで(練習問題付)となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク