中学公民の新しい人権(環境権と知る権利など)の比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

新しい人権(環境権と知る権利など)の比較と違いです。「環境権」「知る権利」「プライバシーの権利」「自己決定権」があげられます。それぞれの内容を比較、違いを理解しておく必要があります。それでは、中学公民の新しい人権(環境権と知る権利など)の比較と違いをみていきましょう。

新しい人権

権利 環境権 知る権利 プライバシーの権利 自己決定権
内容 良好な環境を求める権利 政治への参加に必要な情報を受け取る権利 個人の私生活に関する事柄が公開されない権利 個人の自分の生き方や生活の仕方について自由に決定する権利
備考 環境基本法を制定し環境アセスメント(環境影響評価)を義務付けた。 情報公開法に基づき情報公開制度を設けた。 個人情報保護制度が設けられた。 インフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)、尊厳死、安楽死、ドナーカード
スポンサーリンク

国際的な人権

  • 世界人権宣言…各国の人権保障の模範となっている。
  • 国際人権規約…条約の形で締結国を拘束する。
  • NGO(非政府組織)…国際的な人権保障を実現するために NGOの活動が注目される。
    科学技術と人権…科学技術の発展を支える学問の自由と生命・健康などの人権の尊重との
  • 調整が課題。

国際連合が中心グローバル化や科学技術の発展で人権の考え方が変化。
参考中学公民の「主権国家と国際連合」についてのまとめ

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする