中学歴史の明治期の自由党と立憲改進党の比較と違い

シェアする

自由党と立憲改進党の比較と違いです。それぞれの設立から投手まで比較していきます。それぞれ自由民権運動の激動期に結成されます。それでは、中学歴史の自由党と立憲改進党の比較と違いをみていきましょう。

自由党と立憲改進党

自由党 立憲改進党
成立年 1881年 1882年
影響国 フランス イギリス
成立者 板垣退助 大隈重信
スポンサーリンク

板垣退助

1874年地元の土佐に政治結社、立志社をつくり、当時薩摩藩や長州藩など一部の藩の人間のみが政治を行っていることを批判。「国民が選んだ議員に政治を任せるべきだ」と主張します(民選議員設立の建白書)

大隈重信

自由民権運動の有力政党として、イギリス流の穏健な立憲政治による政治改革・国権伸張・地方自治の基盤確立などを目標に活動しました。しかし、自由党との対立抗争や自由民権運動の激化もあり、1884年には、大隈が脱党して弱体化していきました。そして、1896年に、進歩党が結成されるとともに解党されました。

自由民権運動

政府への不満から士族の反乱や自由民権運動が起こった。

  • 西南戦争…1877年西郷隆盛を中心とした鹿児島の士族らがおこした反乱。徴兵制による政府軍に鎮圧された。
  • 自由民権運動…議会政治の実現を目指す運動。
  • 民選議員設立の建白書…1874年に板垣退助らが政府に提出した国会の開設を求める意見書。
  • 国会期成同盟…1880年民権派の代表が大阪で結成。
  • 国会開設の整備…政府が10年後に国会を開くこと約束。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 47年4月の総選挙で初めて第一党となったが、議会の過半数に達していなかったため、民主党・国民共同党と妥協して連立内閣を結成した。 確認明治期の自由党と立憲改進党の比較と違い […]