【中学英語】助動詞(使い分けがポイント!)

シェアする

スポンサーリンク

【中学英語】助動詞(使い分けがポイント!)です。さまざまな助動詞の意味と使いわけが大事です。一つひとつの助動詞についての意味とと用法をまとめています。それでは、【中学英語】助動詞(使い分けがポイント!)です。

canとmay

  • Mike can read Kanji. マイクは漢字を読むことができます。
  • I can’t run fast. 私は速く走ることができません。
  • Can you play tennis?- Yes, I can. / No, I can’t. あなたはテニスをすることができますか。 ー はい, できます。/ いいえ,できません。
  • You may use my bike.私の自転車を使ってもいいですよ。
スポンサーリンク

can の意味と用法

can は「~することができる」という可能の意味を表す。助動詞は主語によって形が変わることはなく、あとに動詞の原形がくる。過去形は could。否定文は cant (cannot, can not)を使う。疑問文は can を主語の前に出して作る。

be able to

be able to も「~することができる」という意味を表す。過去のことを表すときは was [werel able to を使う。未来のことを表すには will be able to を使う。

mayの意味

may は「~してもよい」(許可),「~かもしれない」(推量)という意味を表す。

mustとhave to

  • You must do your homework. あなたは宿題をしなければなりません。
  • You must not run here. ここで走ってはいけません。
  • Ken has to help his mother. ケンはお母さんを手伝わなければなりません。
  • I don’t have to help my mother. 私は母を手伝う必要はありません。

must の意味

must は「~しなければならない」(義務)という意味を表す。否定文は(must not +動詞の原形>の形で「~してはいけない」という強い禁止を表す。また、must は「~にちがいない」(推量)という意味も表す。

have to

have [has) to も「~しなければならない」という意味を表す。疑問文は主語の前に do does] を置いて作る。答えの文でも do [does」を使う。否定文は〈do [does] not have to +動詞の原形>の形で,「~する必要はない, ~しなくてもよい」という意味になる。

should

You should stay home today.あなたは今日、家にいるべきです。

should の意味

should は「~すべきである~したほうがよい」という意味を表す。

shall

  • Shall I open the window?-Yes, please. / No, thank you. 窓を開けましょうか。 ー はい, お願いします。/ いいえ,けっこうです。
  • Shall we play tennis?- Yes, lets. / No, let’s not. テニスをしましょうか。 ー はい, しましょう。/いいえ,やめましょう。

Shall I 〜?

Shall I 〜? は「(私が)~しましょうか」と申し出る言い方。〈答え方) Yes, please, (はい, お願いします) / No, thank you. (いいえ,けっこうです)

Shall we 〜?

Shall we 〜? は「(私たちは)~しましょうか」と勧誘・提案する言い方。(答え方〉 Yes, lets.(はい、そうしましょう) / No, let’s not.(いいえ,やめましょう)

助動詞を使った表現

  • Will you help us?私たちを手伝ってくれませんか。 – Sure. [OK / All right.)いいですよ。
  • I’m sorry, I cant. Im busy. – すみませんが、 できません。忙しいのです。
  • Would (Could) you close the door ? ドアを閉めてくださいませんか。
  • Would you like some coffee ? コーヒーはいかがですか。- Yes, please. / No, thank you. ー はい, お願いします。/いいえ,けっこうです。

Will [Can] you ~?

Will [Can] you ~? は「~してくれませんか」と相手に依頼する言い方。 (答え方) 承諾するときは Sure. (OK. I All right.)(はい, いいですよ)などで応じる。断るときは Im sorry, I cant. (すみませんが,できません)などと答え、さらに理由をつけ加えるとよい。

  • Will you ~? には「~しませんか」と勧誘・提案する言い方もある。

Will you have a cup of coffee? (コーヒーを1杯いかがですか)- Yes, please. / No, thank you. (はい, お願いします / いいえ, けっこうです)

Would [Could] you ~?

Would [Could] you ~? は「~してくださいませんか」と相手に依頼する言い方。Will [Can] you ~?よりもていねいな言い方。 Would you like 〜? Would you like 〜? は「~をいかがですか」と相手にものを勧め、る言い方。(~)の部分には名詞がくる。

まとめ

意味 助動詞 備考
~することができる can =be able to
~するでしょう will =be going to
~しなければならない must =have to
~してもよい may =can
~かもしれない may
~すべきだ should
~のはずがない cannot(can’t)
~してはいけません must not =Don’t~
~する必要はない don’t have to

意味 助動詞 備考
~したほうがいい had better
~しないほうがいい had better not
~していただけませんか Would you~? Will you~?より丁寧
~はいかがですか Would you like~?
(できたら)~したい would like to  want toより控えめ
~したものだ used to  =would

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク