中学社会「よく出るカタカナ用語」一覧・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

高校入試社会地理で出題される「カタカナ」用語一覧です。今回は、カタカナにテーマを絞って用語をまとめてみました。勘違いして間違ったまま覚えることがないように気をつけましょう。

「カタカナ」用語一覧

スポンサーリンク

ポンチョ

アンデス高地のインディオの民族衣装で、着たり脱いだりするのが簡単なマント

チマ・チョゴリ

朝鮮半島の女性が特別の日に着る民族衣装

コーラン

イスラム教の経典
確認中学社会「宗教(仏教・イスラム教・キリスト教・ヒンドゥー教)」

モスク

イスラム教の寺院

タイガ

冷帯に属するロシアのシベリア地方やカナダに広がる針葉樹林帯
確認中学地理ヨーロッパ州

プランテーション

東南アジアやアフリカなどに多く見られる植民地時代に欧米諸国の資本で開かれた大農園
確認中学地理「アフリカ州」

オアシス

乾燥帯の地域に点在する、泉谷やかんがい施設のあるところ

カトリック

ラテン民族はキリスト教の宗派

ユーロトンネル

ドーバー海峡の下につくられたイギリスとフランスを結ぶトンネル

ポルダー

オランダの国土の約4分の1を占める干拓地

フィヨルド

スカンディナビア半島のノルウェー沿岸などでみられる、氷河によってけずられてできた複雑な海岸地形

サヘル

北アフリカの大部分は、乾燥帯であり、サハラ砂漠の南側の地帯。過放牧や無理な開発による干ばつが原因で、砂漠化がサヘル地域で拡大。

モノカルチャー

特定の農産物や鉱産物の生産・輸出にたよる経済

ネイティブアメリカン

北アメリカの先住民。

ヒスパニック

中南米から移住してきたスペイン語を話す人々。人種の「サラダボウル」(WASP, アフリカ系アメリカ人, ネイティブアメリカン, ヒスパニックなど)。

シリコンバレー

サンフランシスコ近郊に発達した電子工業地域

ムラート

ヨーロッパ系とアフリカ系の混血

ボーキサイト

オーストラリアの南西部と北部で産出するアルミニウムの原料

パネルベイ

大阪湾に沿ってつくられた、液晶パネル、太陽電池などを生産する地域

アイヌ

北海道の先住民族

カタカナ用語 練習問題

  1. スカンディナビア半島のノルウェー沿岸などでみられる、氷河によってけずられてできた複雑な海岸地形を何というか。
  2. 北アフリカの大部分は、乾燥帯であり、サハラ砂漠の南側の地帯を何というか。
  3. 特定の農産物や鉱産物の生産・輸出にたよる経済を何というか。
  4. 北アメリカの先住民を何というか。
  5. 中南米から移住してきたスペイン語を話す人々を何というか。

カタカナ用語 解答

  1. フィヨルド
  2. サヘル
  3. モノカルチャー
  4. ネイティブアメリカン
  5. ヒスパニック

中学社会 あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク