中学公民の「経済的分野総まとめ」入試ではここが出る!

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「経済的分野総まとめ」です。経済については、地理の分野との融合問題としても出題されるでの、全体像をつかんでおく必要があります。それぞれの法律や制度については、その中身や歴史的背景までおさえられていると文句なしです。それでは、中学公民の「経済的分野総まとめ」入試ではここが出る!をみていきましょう。

経済的分野総まとめ

スポンサーリンク

日本銀行の役割と仕事

役割 内容
発券銀行 紙幣の日本銀行券(千円札、二千円札、五千円札、一万円札)を発行する。
銀行の銀行 一般の銀行に資金を貸し付ける。
政府の銀行 政府の資金の取扱いを行う。
管理通貨制度 法律に基づき、日本銀行が経済の動きに合わせて紙幣の発行量を調整する制度。

確認高校入試に出る「日本銀行の役割と仕事」のまとめ

財政政策

主に国の財政の歳入や歳出を通じて総需要を管理し、経済に影響を及ぼす政策のこと。政府(国・地方公共団体)が収入(歳入)を得て、それを支出(歳出)する経済活動をしていくわけです。

  • 歳入…政府の1年間の収入。税金(租税)が中心。
  • 予算…政府の1年間の収入と支出の計画。

金融政策

日本銀行(中央銀行)が景気を安定させるために金融市場に対して行う経済政策のことで、経済を持続的に拡大させることが最終的な目的。物価や景気を安定させるために、市場に流通させる資金の量を調整する。

  • 不景気の時…資金の流通量を増やす。
  • 好景気の時…資金の流通量を減らす。

確認入試に出る「財政政策と金融政策」の比較と違い

景気

状況 好景気(好況) 不景気(不況)
状態 経済活動が活発なるが、物価が上昇するインフレーション(インフレ)が進み、人々の生活を圧迫することもある。 企業の生産活動をふるわず、物価が下落するデフレーション(デフレ)が起こることもある。
対策 増税や公共事業を削減し景気を抑える。 減税や公共投資(公共事業への投資)を増やし、生産や消費の活動を活発にしようとする。

確認好景気(好況)と不景気(不況)の政策の比較と違い

需要と供給

用語 需要 供給
説明 購買意欲 商品を市場に出す
消費者が買おうとする商品の量 生産者が売ろうとする商品の量

市場価格とは、市場で決まる価格のことです。
確認中学公民の需要(量)と供給(量)の比較と違い

税金

直接税 間接税
内容 納税者と担税者(実際の負担者)が一致する税 納税者と担税者が異なる税
法人税・所得税・相続税・贈与税など 消費税・印紙税・ゴルフ場利用税など

確認中学公民の「税金」直接税と間接税の比較(メリット・デメリット)と違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク