中学公民の企業の種類(公企業・私企業・中小企業・多国籍企業)の比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

企業の種類(公企業・私企業・中小企業・多国籍企業)の比較と違いです。入試では、「簡潔に説明せよ」などのかたちでよく出題されます。名称の暗記だけでなく、説明できるようにしておきましょう。それでは、中学公民の企業の種類(公企業・私企業・中小企業・多国籍企業)の比較と違いをみていきましょう。

企業の種類

種類 公企業 私企業 中小企業 多国籍企業
内容 国や地方公共団体(地方自治体)などが経営する企業 利潤を目的とする民間の企業 事業者数の大部分を占める 複数の国に支社を置き、事業を行う

<補足>
中小企業は、大企業の下請けとして仕事をすることも多い。独自の技術で新分野に挑戦するベンチャー企業も多い。公企業は、公共性が高く、利潤を第一の目的としない。
確認中学公民の「資本主義経済と株式会社のしくみなど」のまとめ

企業とは

資本(元手)を使い、利潤(利益)を目的に生産活動を行う。現在は、資本主義経済の中で、私企業中心の自由な経済活動っている。

スポンサーリンク

私企業

私企業は、さらに、個人企業と法人企業に分けられ、個人企業には、個人商店、農家などがあげられます。法人企業には、代表的なものとして、株式会社があります。

公企業

公企業は、国営企業(国有林野など)、地方公営企業(市営バス、水道など)、特殊法人に分けられます。

株式会社

ある会社の中で最高の権力を持っている人は、「大株主」や「筆頭株主」と言われる人たちです。会社内での最高の権力者は、その会社の発行している「株式」を持っている「株主」という人たちの中で、その会社が発行している株式のうちの半分以上の株を持っている人たちです。なぜなら、いわゆる「社長」を選ぶ会議が、株主総会であり、その総会で、ある株主が投票できる票の数は、その株主の所有する株式の数に比例するからです。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする