中学地理の覚えておくべき「近畿地方」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の覚えておくべき「近畿地方」のまとめです。その昔、商業の都市といわれ、その名残もあり、商いの町大阪を中心に、産業が栄えています。それぞれの県の特徴をつかみながら学習をしていきましょう。それでは、中学地理の覚えておくべき「近畿地方」のまとめです。

「近畿地方」のまとめ

都市名、地形、工業、農業を中心にみていきましょう。

スポンサーリンク

都市・地名

  • 大阪…江戸時代、天下の台所とよばれ商業の中心地
  • 京都…794年から1000年あまり都がおかれていた都市
  • 神戸…世界最大級のコンテナ港ポートアイランドがある都市
  • 紀伊山地 近畿地方南部の大部分を占める山地

地形

  • 北部…山がちで若狭海岸は、リアス海岸が発達。
  • 中央低地…面積が日本最大の琵琶湖。盆地、平野が広がる。
  • 南部…険しい山地、志摩半島はリアス海岸が発達。

近畿地方の工業

阪神工業地帯の特徴として、従業員300人未満の中小工業が多いです。大阪府・兵庫県を中心に広がる工業地帯である。京浜工業地帯、中京工業地帯と比較した場合、事業所数で見た規模は最も大きく、製造品出荷額で見た規模でも第2位です。また、阪神工業地帯は機械工業がさかんで、生産額のおよそ40%をしめます。大阪は電気製品を作る会社がいち早く生まれた地域の一つです。

近畿地方の農業

  • 近郊農業…淡路島などでさかんに行われている、大都市向けの野菜などを生産する農業

産業

  • パネルベイ…大阪湾沿岸で液晶パネル・太陽電池などを生産する新しい工場がつくられた地域。
  • 伝統工芸…多くの伝統的工芸品が現在に受け継がれている。

その他の地方

歴史に見る近畿地方

  • 桃山文化のときの城…安土城(織田信長)、大阪城(豊臣秀吉)など
  • 元禄文化 綱吉の時代の上方を中心に町人の文化が栄えた。上方(京都・大阪が中心)都市の勢いを表す経済力をつけた町人による新しい文化。

元禄文化

  • 朱子学…儒学の1つで、身分の上下を重視する考え方。五代将軍徳川綱吉が幕府の学問とした。
  • 浮世絵…版画として売られ、一般に広まる。
  • 松尾芭蕉…俳諧を芸術にまで高め、「奥の細道」を表す。
  • 浮世草子や歌舞伎など多くの大衆文化が発達した。

確認元禄文化と化政文化の比較

以上が、中学地理の覚えておくべき「近畿地方」のまとめとなります。地理的なものを当然ですが、歴史的な観点まで仕上げられるといいです。

スポンサーリンク

シェアする