【室町時代】北山文化と東山文化の特徴・比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

北山文化と東山文化の比較と違いです。どちらも室町時代の文化で、新し文化が数多く生まれた時期でもあります。北山文化と東山文化のそれぞれを比較しながら整理していきましょう。

北山文化と東山文化

比較 北山文化 東山文化
将軍 足利義満 足利義政
特徴 貴族の文化と武士の文化の融合 武士中心で簡素で気品のある文化
建物 金閣 銀閣
その他 書院造
雪舟の水墨画

水墨画…墨一色で描く絵画

北山文化と東山文化を区分をなくし、室町時代の文化を室町文化とします。東山文化のときに、龍安寺の石庭も完成しています。

室町文化

観阿弥・世阿弥親子が猿楽をに発展させる。狂言、御伽草子、上杉氏の足利学校もこの時代です。栄西がもたらした茶を飲む習慣から茶湯も流行。御伽草子とは、一寸法師などの絵入りの物語です。

スポンサーリンク

練習問題

(1)貴族の文化と武士の文化の融合した足利義満のときに栄えた文化を何というか。
(2)足利義政が京都の東山の別荘に建てた建物を何というか。
(3)雪舟が完成させた、墨一色で描く絵画を何というか。
(4)室町時代、民衆に読まれた一寸法師などの絵入りの物語を何というか。
(5)猿楽を能に発展させた親子の名を書け。

解答

(1)北山文化
(2)銀閣
(3)水墨画
(4)御伽草子
(5)観阿弥・世阿弥

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする