中学歴史「江戸時代の新しい学問(国学・蘭学・儒学)」比較

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「江戸時代の新しい学問(国学・蘭学・儒学)」比較についてまとめています。

国学・蘭学・儒学

比較 国学 蘭学 儒学
内容 日本の古典研究 西洋の学問 儒教の学問
主な人物 本居宣長 杉田玄白 大塩平八郎
功績 古事記伝 解体新書 陽明学
  • 蘭学…江戸時代にオランダを通じて日本に入ってきたヨーロッパの学術・文化・技術の総称。のちに「洋学」と呼ばれるようになる。
  • 陽明学…形骸化した朱子学の批判から出発し、時代に適応した実践倫理を説いた学問で、より行動を重んじました。
スポンサーリンク

本居宣長

国学四大人の一人で、古典研究を行い語句・文章の考証を中心とする精密・実証的な研究法により、古事記・源氏物語など古典文学の注釈や漢字音・文法などの国語学的研究にすぐれた業績を残す。

国学

本居宣長は、長年にわたって『古事記』を研究した成果を『古事記伝』としてまとめた。仏教や儒教が伝来する以前の日本人本来の思想を研究する学問として、国学を大成した。国学者の平田篤胤は、賀茂真淵の説をうけて復古神道を唱えたが、この説は豪農層の間にも普及した。

  • 伊能忠敬…全国の沿岸の測量を行い、『大日本沿海輿地全図』の作成にあたった。
  • 平賀源内…物理学の研究を進め、摩擦発電器(エレキテル)の実験を行い、寒暖計や不燃性の布などをつくった。

朱子学

秩序や礼節を重んじた朱子学は、藤原爆落と彼の門人で暮府に登用された林羅山によってひろめられた。

  • 林羅山…1583~1657. 江戸時代初期の朱子学者の中心思想は、「存心持敬(日常の言動をつつしみ、本来の自己に立ち返ること)」と「上下定分の理(士農工商の身分秩序, 幕藩体制の正当化)」である。
  • 知行合一…理一元論による「知行合一」とは、行動を伴わない知識は本物ではないという実践重視の教えで、朱子の「先知後行」を批判する王陽明の根本思想である。

その他の学問

  • 寺子屋…民間教育で、身分の枠をこえて学問が広がっていき、町民や農民の子弟に読み・書き・そろばんを学ばせました。
  • 藩校…藩士の子弟の教育を行いました。
  • 私塾緒方洪庵の開いた適塾、シーボルトの医学塾が有名。

このころ、伊能忠敬は、日本地図の作成に成功します。

参考元禄文化と化政文化の比較

練習問題

  1. 町民や農民の子弟に読み・書き・そろばんを学ばせました民間の教育機関を何というか。
  2. 緒方洪庵の開いた塾を何というか。
  3. 古事記伝を著し、国学を大成したのは誰か。

解答

  1. 寺子屋
  2. 適塾
  3. 本居宣長

まとめ

幕府が奨励した朱子学のほか、国学・蘭学が発達した。化政文化は、19世紀の初めの江戸の庶民が担い手となった大衆文化である。教育の広がり、寺子屋や私塾が、庶民に教育を広めた。江戸時代後半、文化の中心は上方から江戸に移り、庶民の間の教育が普及しました。

  • 国学…日本の古典を研究する学問。
  • 本居宣長…日本の古典を研究。「古事記伝」を著す。
  • 蘭学…オランダ語を通じ、ヨーロッパ文化を研究する学問。
  • 杉田玄白…ヨーロッパの解剖書を翻訳し、「解体新書」出版。
  • 伊能忠敬…全国の海岸線を測量。正確な日本地図を作る。
  • 寺子屋…町や農村で、庶民に実用知識を教える。
  • 藩校…藩がつくった、武士の人材育成のための学校。

あわせて確認

スポンサーリンク
好評発売中

シェアする

スポンサーリンク