中学国語の「短歌」(覚えておきたい短歌付)

シェアする

スポンサーリンク

中学国語の「短歌」(覚えておきたい短歌付)についてまとめています。入試でも近年出題が増加傾向です。短歌では、鑑賞文と照らし合わせながら読むことで、理解を深めていくことも大切です。また、筆者のものの見方や言葉遣い、表現のしかたなどを読み取る必要があります。

短歌

短歌の形式を知り、独特のリズムになれていきましょう。

  • 形式…五・七・五・七・七の五句三十一音からなる定型詩。音数が基本より多いものを字余り、少ないものを字足らずといいます。
  • 区切れ…意味や調子のうえでの切れ目。初句切れ、二区切れ、三区切れなど。

短歌による表現は、新しい時代の言葉で日本語を磨いてきました。

スポンサーリンク

短歌の表現技法

  • 比喩…あるものを他のものにたとえて表現します。
  • 直喩…「ようだ」「ような」などのを使ってたとえます。(例)綿のような雲
  • 隠喩…「ようだ」「ような」などのを使わずにたとえます。(例)彼女は、私の宝だ。
  • 擬人法…人でないものを人にたとえる。(例)風がささやく
  • 体言止め…終わりを体言で止めて、余韻を残す。(例)過ぎてゆく時間
  • 反復法…語や句を繰り返して、リズム感をもたせる。(例)球が飛ぶ、飛ぶ。
  • 倒置法…語順を糧、感動を強調させる。(例)咲いたよ、花が。
  • 対句法…対照的な言葉や似た構造の表現を並べ、印象を強める。(例)地には蛍、天には星。

確認中学国語の「文章のさまざまな表現技法」練習問題付

覚えておきたい短歌

入試やテストでよく出題される短歌です。

窪田空穂

鳳仙花散りておつれば小さき蟹鋏ささげて驚き走る

<鑑賞>
鳳仙花の花が散られまして落ちられましてその下におられました小さき蟹様が驚かられまして鋏を捧げられまして走られまして行かれました

  • 「驚き走る」が擬人法

若山牧水

白鳥は かなしからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう

<鑑賞>
白鳥(かもめ)は寂しくはのだろうか、いや寂しいだろう。空の青色や海の青色にも(混じって)染まることなく(ただ一人で空を)ただよっている。

  • かなしからずや は、「孤独で寂しくないのだろうか。(白鳥の心情を推測)」と「純粋でいとおしくないだろうか、いやいとおしい。(白鳥を見ている作者の心情)」が読み取れる。

石川啄木

不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心

<鑑賞>
十五歳のとき,不来方のお城(=盛岡城)の草に寝ころんで,(空を見ていると) 心まで空に吸われてしまったようだ。

木下利玄

街をゆき 子供の傍を 通るとき 蜜柑の香せり 冬がまた来る

<鑑賞>
町を歩いていて 子供とすれ違った。そのときふと蜜柑の香りがした。また冬が来たのだなあと懐かしいような気がした。

岡本かの子

桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命かけてわが眺めたり

<鑑賞>
桜の花が古来より愛され、鑑賞されてきたのは、桜の花も人間と同じく、精一杯に命をかけて咲いているからだ。私もそれが分かるから、眺めるのだ

  • 桜が「いのち一ぱいに咲く」という部分は擬人法

前川佐美雄

ぞろぞろと鳥けだものを引きつれて秋晴の街に遊びいきたし

<鑑賞>
ぞろぞろと鳥や動物を引き連れて、秋晴れの街に、遊びに行きたい。

斎藤史

はとばまで あんずの花が 散つてきて 船といふ船は 白く塗られぬ

<鑑賞>
あんずの花びらが散り、港まで舞ってきて、港に停泊している船と言う船が、全て花びらで真っ白に塗られた様になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク