中学国語の「用言の活用」

シェアする

スポンサーリンク

中学国語の「用言の活用」をまとめています。ここでは、用言の活用のしかた、動詞の活用の種類、動詞・形容詞・形容動詞の活用を覚えていくことが大切となります。それでは、中学国語の「用言の活用」をみていきましょう。

用言の活用

用言の活用とは、後につく言葉や文中での働きにとって、単語の形が規則的に変化することをいいます。

(例)

「走る」→走らない・走ろう・走ります・走る・走るとき・走れば・走れ
「高い」→高かろう・高かった・高くない・高い・高いとき・高ければ

活用する一つ一つの形を活用形といいます。活用しても常に変化しない部分を語幹、変化する部分を活用語尾といいます。

動詞の活用形

  • 未然形…「ない(助動詞)・う・よう・れる・せる・ぬ」などに続く。
  • 連用形…用言や「ます・た・て」などに続く。
  • 終止形…言い切る形。「と・から・けれど」などに続く。
  • 連体形…体言や「ので・のに」などに続く。
  • 仮定形…「もし…すれば」のように仮定するときの形。「ば」に続く。
  • 命令形…命令して言い切る形。
スポンサーリンク

動詞の活用の種類

  • 五段活用…書く、立つなど。「ない」をつけ、直前が「ア」段の音。
  • 上一段活用…過ぎる、落ちるなど。「ない」をつけ、直前が「イ」段の音。
  • 下一段活用…受ける、建てるなど。「ない」をつけ、直前が「エ」段の音。
  • カ行変格活用…カ行で特殊な活用をする。「来る」の一語のみ。
  • サ行変格活用…サ行で特殊な活用をする。「する」「勉強する」など「する」がつく動詞

「来る」「する」などの一部の動詞は、語幹と活用語尾が区別できません。

音便

音便とは五段活用の連用形に「た」や「て」が付くとき、発音しやすいように音が変化することを音便といいます。動詞の音便は三種類あります。

イ音便

「く・ぐ」などで終わる動詞の連用形が「い」に変化する。
(例)「付く」+「た」=付きた→付いた

促音便

「う・つ・る」などで終わる動詞の連用形が「っ」に変化する。
(例)「勝つ」+「た」=勝ちた→勝った

撥音便

「む・ね・ぶ」などで終わる動詞の連用形が「ん」に変化する。
(例)「結ぶ」+「た」=結びた→結んだ

可能動詞

「~できる」という意味になる動詞を可能動詞という。五段活用の動詞からできた下一段活用の動詞です。
(例)行く(五段)→行ける(下一段)

形容詞・形容動詞の活用

  • 形容詞・形容動詞には命令形はありません
  • 形容詞の音便は、形容詞の連用形に「ございます」がつくと、音便が生じます。

以上が、中学国語の「用言の活用」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク