入試に出る「財政政策と金融政策」の比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

入試に出る「財政政策と金融政策」の比較と違いです。財政政策は、政府が景気の状態に応じて財政支出の増加などの景気の波を調整し、景気の安定化を図るのに対して、金融政策は、物価や景気を安定させるために、市場に流通させる資金の量を調整します。それでは、詳しく入試に出る「財政政策と金融政策」の比較と違いをみていきましょう。

財政政策

主に国の財政の歳入や歳出を通じて総需要を管理し、経済に影響を及ぼす政策のこと。政府(国・地方公共団体)が収入(歳入)を得て、それを支出(歳出)する経済活動をしていくわけです。

  • 歳入…政府の1年間の収入。税金(租税)が中心。
  • 予算…政府の1年間の収入と支出の計画。

例えば不景気のときに公共投資を行ったり減税をしたりなど、景気対策を折り込んで予算編成することが財政政策となります。

スポンサーリンク

安倍内閣の財政政策

一億総活躍社会の実現に向けて、「希望を生み出す強い経済」「夢をつむぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」からなる「新・三本の矢」を一体的に推進。

具体的には

  • 名目GDP500兆円を戦後最大の600兆円に
  • 成長戦略を含む従来の三本の矢を強化
  • 結婚や出産等の希望が満たされることにより希望出生率1.8がかなう社会の実現へ
  • 待機児童解消、幼児教育の無償化の拡大(多子世帯への重点的な支援)
  • 介護離職者数をゼロに
  • 多様な介護基盤の整備、介護休業等を取得しやすい職場環境整備
  • 「生涯現役社会」の構築

などを挙げています。

金融政策

日本銀行(中央銀行)が景気を安定させるために金融市場に対して行う経済政策のことで、経済を持続的に拡大させることが最終的な目的。物価や景気を安定させるために、市場に流通させる資金の量を調整する。

  • 不景気の時…資金の流通量を増やす。
  • 好景気の時…資金の流通量を減らす。

国債の売買(公開市場操作)、金利の上げ下げなどを行う。

景気が後退した際に行われる金融政策を金融緩和といい、景気が過熱した際に行われる金融政策を金融引き締めという。主に次の3つの手段政策金利操作 ・公開市場操作 ・預金準備率操作があります。

あわせて確認

以上が、入試に出る「財政政策と金融政策」の比較と違いとなります。政府がするのが、財政政策。日本銀行がするのが金融政策ということはしっかりおさえておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする