【中学公民】学習のポイントまとめ単元一覧と勉強の仕方

シェアする

スポンサーリンク

点数を上げる「中学公民」の勉強の仕方と方法・単元一覧です。点数を上げたい人のために記述しています。公民は、これまで履修してきた地理や歴史と関連して、学ぶことが多く、社会科の総合的な力がいるのが「公民」といえるでしょう。ですので、公民の点数がなかなか上がっていかない人は、実は、地理や歴史の下地がないということが少なくなりません。よって、地理や歴史も、復習しながら学習することが、点数を最も伸ばすことにつながります。結果、公民だけでなく、地理も歴史の実力を伸びていることでしょう。

中学公民の勉強の仕方

学ぶ順番がもっとも大切です。ですので、後にまとめてあるカリキュラム沿って、勉強していくといいでしょう。時間的に余裕がない人は、その中でも、よく出る単元や重要単元のところだけ拾ってやってもいいでしょう。

スポンサーリンク

学ぶ順番

  1. 【生活】現代と私たちの暮らし -生活の変化・現代社会の特徴-
  2. 【憲法】人間(人権)の尊重と日本国憲法 -憲法の歴史と人権の変遷-
  3. 【政治】現代の民主政治と日本の社会 -国会・内閣・裁判所・地方自治-
  4. 【経済】私たちの暮らしと経済 -経済のしくみ(消費・生産・金融)-
  5. 【課題】地球市民としての私たち -国際社会と課題-

点数を上げるためのカリキュラム

生活、憲法、政治、経済、国際課題のジャンル別にまとめています。

公民 生活領域

公民 憲法領域

公民 政治領域

公民 経済領域

公民 国際課題領域

point

日ごろから、テレビ、新聞、ネットなどを通じてニュースを見ておきましょう。そこで大切なのは、自分の意見を持つということとわからないことは調べるということです。こういう日々の習慣も、「公民」の点数を上げるには必要不可欠です。昨今の問題では、記述問題や自分の意見を問う問題が出ているのでなおさらです。

その他の社会科まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク