短歌の表現技法「枕詞・序詞・掛詞」の用法の比較と違い

シェアする

短歌の表現技法の一種である「枕詞・序詞・掛詞」の比較と違いについてまとめています。それぞれの違いや用法について、あやふやに覚えている受験生も少なくありません。これを機会にきっちり覚えて、テストで出題されたら、得点できるようにしておきましょう。特に、定期テストで試験範囲になっていたら、要注意です。それでは、短歌の表現技法「枕詞・序詞・掛詞」の用法の比較と違いです。

枕詞・序詞・掛詞

意味
枕詞 特定の語の前につけて調子を整える。ふつう5音からなる。
序詞 特定の語の意味を引き出す。枕詞のように長さは決まっていない。
掛詞 1つの共通の音で2つの意味を表す。

枕詞

五音が原則で、「たらちねの→母」というように固定的な語句。序詞とともに万葉集の頃より用いられた技法。

<例文>

  • あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む(柿本人麻呂)

初句の「あしひきの」は、「山」を導きだす枕詞です。「あしひきの→山」は決まった語句に対して使用します。

スポンサーリンク

枕詞の例

  • たらちねの→母
  • ひさかたの→天、雨(その他の気象現象)、光
  • いはばしる→滝、垂水(たるみ。古語で滝のこと)
  • うばたまの→夜、黒、闇
  • あらたまの→年、月、日
  • あをによし→奈良

序詞

序詞は長さが不定(枕詞より長いのが普通)で、また決まった語句につくわけではありません。また、わざわざ作者が意味を引き出すように使用するので、そこが最も作者が言いたかったことになる場合が多い。特定の語の前に置いて、比喩や掛詞、同音語などの関係に係る言葉といえます。

<例文>

  • あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む(柿本人麻呂)

「あしひきの山鳥の尾のしだり尾の」は、「ながながし」を導きだす序詞となります。

掛詞

古文において一つの言葉に二つの意味をもたせること。

<例文>

  • 花の色はうつりにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに

ふる…「降る」と「経(ふ)る」が掛けられている
眺め…「眺め」と「長雨」が掛けられている。

そのほかの短歌の技法

  • 倒置法…語順を逆にして意味を強める。
  • 反復法…同じ語句を繰り返して感動を強める。
  • 体言止め…結句を体言(名詞・代名詞)で止めて余情を出す。

以上が、短歌の表現技法「枕詞・序詞・掛詞」の用法の比較と違いとなります。特に、枕詞、序詞についての違いは把握しておきましょう。枕詞は、数が限られていますので、それは覚えておきましょう。序詞については、問題に出だされたその都度、その知っている数を増やしていく程度で構いません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク