日本の工業地帯・地域についてそれぞれの特徴と比較

シェアする

スポンサーリンク

日本の工業地帯・地域についてそれぞれの特徴などをまとめています。それぞれの地方には、工業地帯や工業地域が存在します。地形や気候の特徴にちなんだ特徴があります。しっかり押さえていきましょう。それでは、日本の工業地帯・地域についてそれぞれの特徴と比較です。

日本の工業地帯・地域

スポンサーリンク

九州

北九州工業地帯は八幡製鉄所を中心に発展しました。IC工場が多くつくられた九州地方は、ICの原料からシリコンアイランドと呼ばれています。以前は 北九州を含めて四大工業地帯とよばれていたが、他の工業地域の生産が北九州を上回るようになり、現在では北九州は除かれています。太平洋ベルトの西端部に立地しています。

中国・四国

瀬戸内工業地域の特徴として化学工業の割合が高い。瀬戸内海の水運を始めとして交通が便利なこと、沿岸の埋立により工業用地が得やすいことなどから発展してきました。古くから造船業や繊維工業が盛んでしたが、最近は、石油コンビナートができてからは、化学工業が牽引。

近畿

阪神工業地帯の特徴として、従業員300人未満の中小工業が多いです。大阪府・兵庫県を中心に広がる工業地帯である。京浜工業地帯、中京工業地帯と比較した場合、事業所数で見た規模は最も大きく、製造品出荷額で見た規模でも第2位です。また、阪神工業地帯は機械工業がさかんで、生産額のおよそ40%をしめます。大阪は電気製品を作る会社がいち早く生まれた地域の一つです。

中部

中京工業都市では自動車をはじめとする機械工業がさかんです。広い平野のため、工業用地に恵まれています。東京、名古屋、大阪といった大都市を中心に広がり、人口が多く、労働者を集めやすく、製品を売ることができることで発展。四日市の石油化学工業,一宮・津島などの毛織物工業,瀬戸・多治見・常滑(とこなめ)の窯業なども盛ん。

関東

関東地方の高速道路沿いには工業団地が広がり、北関東工業地域が発達した。京浜工業地帯は、東京・川崎・横浜を中心として,藤沢・平塚などJR東海道本線ぞいと、相模原・大宮などの内陸部に広がる日本有数の総合工業地帯です。重化学・機械工業を中心とします。出版業が突出しているのも特徴です。千葉県の東京湾沿岸の埋め立て地につくられた工業地域である京葉工業地域もあります。

練習問題

(    )に適語を入れよ。

  1. 北九州工業地帯は(     )を中心に発展。
  2. 阪神工業地帯の特徴として、従業員300人未満の(     )工業が多い。
  3. 中京工業都市では(     )をはじめとする機械工業がさかん。

解答

  1. 八幡製鉄所
  2. 中小
  3. 自動車

比較と違い(中学地理編)

比較と違い(中学歴史編)

比較と違い(中学公民編)

スポンサーリンク

シェアする