中学歴史の戦国時代の「桃山文化と南蛮文化」の比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

戦国時代の「桃山文化と南蛮文化」の比較と違いです。信長と秀吉の権力の象徴である豪華絢爛の桃山文化と南蛮(ポルトガル、スペインなど)の影響を受けた文化の比較です。それでは、中学歴史の戦国時代の「桃山文化と南蛮文化」の比較と違いをみていきましょう。

桃山文化と南蛮文化

文化 桃山文化 南蛮文化
特徴 大名や商人の富と権力の象徴 南蛮貿易に伴いヨーロッパ文化が流入
屏風 狩野永徳、狩野山楽らの華やかな絵画 南蛮船などの様子を描いた日本画
千利休がわび茶の作法を完成 活版印刷術
出雲の阿国がかぶき踊り パン・カステラ・カルタ
スポンサーリンク

桃山文化

  • 城…安土城(織田信長)、大阪城(豊臣秀吉)など。
  • 天守閣…高さが大名の権威を表した。

南蛮文化

  • 活版印刷術…ローマ字で印刷された書物が出版される。

練習問題

  1. 城で高さが大名の権威を表したものを何というか。
  2. わび茶の作法を完成させたのは誰か。
  3. かぶき踊りを始めたのは誰か。
  4. 何を用いてローマ字で印刷された書物が出版されたか。

解答

  1. 天守閣
  2. 千利休
  3. 出雲の阿国
  4. 活版印刷術

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする