中学歴史「日米和親条約と日米修好通商条約」比較

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「日米和親条約と日米修好通商条約」の内容比較と違いです。入試やテストでもよく出題されます。これらの条約は、ペリーが日本に開国を要求したことをきっかけに、結ばれる条約です。それでは、中学歴史の「日米和親条約と日米修好通商条約」の内容比較と違いをみていきましょう。

日米和親条約と日米修好通商条約

日米修好通商条約

条約 日米和親条約 日米修好通商条約
年号 1854 1858
内容 最恵国待遇 領事裁判権を認め、関税自主権がない
開港 下田・函館 神奈川・長崎・新潟・兵庫を追加
  • 領事裁判権…外国人が、現在住んでいる国の裁判権に服さず、本国の法にもとづいて本国領事の裁判を受ける権利。
  • 関税自主権(かんぜいじしゅけん)…国家が輸入品に対して自主的に関税を決められる権利。
スポンサーリンク

日米和親条約

1854年(安政元年)日本とアメリカとの間で結ばれた条約。日本はアメリカに対して燃料や食料を提供する、船や乗務員を保護する、下田・箱館(函館)の2港を開港する、領事の駐在を認めること、日本が他の国と結んだ条約の中で有利な条件は自動的にアメリカにも与える最恵国待遇を認めるという内容。

日米修好通商条約

1858年(安政5年)に日本とアメリカとの間で結ばれた条約。国内の数ヶ所の港を開くことや、外国人の住む地域を定めることが決められました。一方で、外国人の犯罪を日本の法律で裁けない、関税を日本側だけで決められないといった、日本側に不利な項目もありました。大老の井伊直弼は条約を結ぶ際に朝廷の許しを得なかったので朝廷と幕府の対立。

開国

  • 貿易の開始…オランダ・ロシア・イギリス・フランスとも条約を結ぶ貿易を開始。最大の貿易港は横浜。貿易の相手国はイギリスが中心。
  • 開国の影響…物資の不足や金貨が大量に国外流出ことなどから物価が上昇した。自由な貿易の開始は日本の経済に大きな影響を与えた。

流れを確認中学歴史の近世のポイント

桜田門外の変

安政の大獄に反発した水戸藩の浪士たちが井伊直弼を暗殺。幕府は朝廷との融和を図る公武合体政策を進めました。

このころの出来事

  • 1858年 日米修好通商条約締結
  • 1860年 桜田門外の変⇒井伊直弼暗殺
  • 1862年 坂下門外の変⇒安藤信生負傷
  • 1863年 薩英戦争(鹿児島vsイギリス)
  • 1866年 薩長同盟成立⇒坂本竜馬が仲介を行う
  • 1867年 江戸幕府(徳川幕府)、大政奉還へ

不平等条約の改正

1886年のノルマントン号事件をきっかけに、日米修好通商条約の不平等な内容改正し、欧米諸国と対等な地位を得ようとした。

  • 関税自主権の回復…1878年に一部の国が合意したが実現せず、1894年に一部回復。1911年に完全に回復する。小村寿太郎
  • 領事裁判権の撤廃…1894年外務大臣の陸奥宗光が領事裁判権を撤廃した条約をイギリスと結び実現。

日本は、憲法の制定と条約改正により欧米諸国と対等の地位となり帝国主義へ傾いていきます。

比較(中学歴史編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク