オセアニア州の要点|中学地理

シェアする

スポンサーリンク

「オセアニア州」中学定期テスト対応です。ポイントは、「自然環境」「オーストラリアの産業」「多文化社会」「日本との結びつき」をおさえることです。

オセアニア州

オーストリア

オーストリア

オーストラリア大陸, ニュージーランド、太平洋の島々をまとめた地域。島々は、ミクロネシア, メラネシア, ポリネシアの三つの地域に分けられる。太平洋には火山の山頂部分が海面に出た島々やサンゴ礁が発達している島々がある。

  • グレートディバイディング山脈…オーストラリアの東部につらなる山脈
スポンサーリンク

オセアニア州の気候

  • オーストラリア大陸の内陸部の気候…降水量が少ない草原や砂漠。人口のほとんどは南東部や南西部に集中。
  • ニュージーランドの気候…西岸海洋性気候。太平洋の日本と同じような地震や火山が多い
    島々の気候…熱帯。

オセアニア州の歴史

移民の歴史と多文化社会への歩んできた。

歴史的背景

20世紀初めまでイギリスなどの植民地だった国が多く、植民地時代の影響が残っている。現在でもグアム島などはアメリカ合衆国領であり、タヒチなどは、フランス領。

移民の国

オーストラリアはおもにイギリスからの移民によって開拓され、かつてはヨーロッパ以外からの移民を制限していたが、政策変更後はアジアなどさまざまな地域からの移民が増えた。

多文化社会

さまざまな文化をたがいに尊重しあう社会。オーストラリアのアボリジニーやニュージーランドのマオリの文化を尊重する努力が続けられている。

オセアニア州の産業

オーストラリアの農業

北東部・南東部・南西部で肉牛や羊毛用の羊の飼育。とくに南東部・南西部は小麦の栽培と組み合わせた代表的な農業地帯。内陸部では牛や国水が小信し 羊の放牧が行われているが、数は少ない。

オーストラリア農業の最大の課題は、水資源の不足である。内陸は年降水量が500mmの地域が広く、灌漑用水が確保されなければ、安定した農業を営むことが難しい。連邦政府は、1949年にスノーウィ・マウンテンズ計画を立て、水力発電を行なうとともに、マーレー川流域の耕地に大量の灌漑用水を供給する事業を実施してきた。

ニュージーランドの畜産

ニュージーランドでは牛や羊の飼育がさかん。牛は酪農用、 羊は肉用が中心。乳製品や肉類は重要な輸出品になっている。

オーストラリアの工業

オーストラリアは、鉄鉱石・石炭・ボーキサイトなどの鉱産資源が豊富。露天掘りによって大規模で効率よく採掘され、日本や中国、韓国などへ輸出。オーストラリアの輸出品は羊毛中心から鉱産資源中心に変化している。

オーストラリア鉱産資源別算出地域

  • 石炭…グレートディバイディング山脈の東側で多く産出。
  • 鉄鉱石…西部のビルバラ地区とその周辺で産出。
  • ボーキサイト…南西部と北部で算出。

鉛・亜鉛・銅…主に内陸部で算出輸送方法は、鉄鉱石や石炭は鉄道で港、港から日本などへ輸送。また。石油・天然ガスはパイプラインで大都市へ送られます。

オセアニア州とアジア

近年、オーストラリアやニュージーランドを観光や留学などで訪れるアジア人が増加。アルバイトをしながら長期間滞在できるワーキングホリデーもある。

物の交流

オセアニアの国々にとって、中国や日本などのアジア諸国は重要な貿易相手国、アジア太平洋経済協力会議(APEC)などでの関係も強まる。

日本の資源は、輸入にたよっています。現在の日本は鉱山資源の多くを輸入に依存しています。原油や天然ガスは西アジア、東南アジアなど、鉄鉱石や石炭はオーストラリアなどです。

中学地理 あわせて確認

以上が、オセアニア州の要点|中学地理となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク