【中学英語】分詞(現在分詞と過去分詞の使い分け)

シェアする

スポンサーリンク

【中学英語】分詞(現在分詞と過去分詞の使い分け)についてまとめています。

現在分詞の形容詞的用法

  • A smiling baby is cute. ほほえんでいる赤ちゃんはかわいい。
  • Who is that crying child? あの泣いている子どもはだれですか。
  • The boy running over there is Bill. むこうで走っている少年はビルです。
  • I know the girl playing the piano. 私はピアノをひいている少女を知っています。

現在分詞(動詞の -ing 形)は, (be 動詞+現在分詞)の形で進行形を作るほか、名詞を修飾する形容詞のような働きもする。現在分詞が名詞を修飾する場合は,「~している」という意味を表す。

スポンサーリンク

語順

  1. 現在分詞が単独で名詞を修飾するときは,(現在分詞+名詞)の語順になる。(例)a smiling baby (ほほえんでいる赤ちゃん)
  2. 現在分詞があとに語句をともなって名詞を修飾するときは,〈名詞+現在分詞+語句〉の語順になる。 (例) the boy running over there (むこうで走っている少年)

過去分詞の形容詞的用法

  • This is a broken watch. これはこわれた腕時計です。
  • I want to eat a boiled egg. 私はゆで卵が食べたい。
  • This is a computer made in Japan. これは日本製のコンピュータです。
  • She has a picture taken by Tom. 彼女はトムが撮った写真を持っています。

過去分詞は (have [has]+過去分詞)の形で現在完了, be動詞+過去分詞)の形 で受動態を作るほか、現在分詞と同様に, 名詞を修飾する形容詞のような働きもする。過去分詞が名詞を修飾する場合は,「~された, ~されている」という受け身の意味を表す。

語順

  1. 過去分詞が単独で名詞を修飾するときは,〈過去分詞+名詞)の語順になる。 (例) a broken watch (こわれた腕時計)
  2. 過去分詞があとに語句をともなって名詞を修飾するときは,(名詞+過去分詞+語句)の語順になる。 (例) a computer made in Japan (日本製のコンピュータ)

まとめ

  1. 現在分詞や過去分詞が語句をともなって名詞を修飾するとき,〈分詞+語句〉は名詞のあとに置かれる。したがって「川で泳いでいる少年」は a boy swimming in the river となり, a swimming boy in the river は誤り。
  2. 過去分詞の形容詞的用法 ・過去分詞が by ..をともなうときは,「…によって~ された」と訳すより「…が~した」と能動的に訳すほうが自然な場合がある。(例)a picture taken by Tom(トムによって撮られた写真→トムが撮った写真)

あわせて確認

以上が、【中学英語】分詞(現在分詞と過去分詞の使い分け)となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク