高校入試に出る中学歴史の第二次世界大戦と太平洋戦争の違いと比較

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の第二次世界大戦と太平洋戦争の違いと比較です。第二次世界大戦と太平洋戦争は、同じ戦争と思っている人や第二次世界大戦と太平洋戦争の使い分けがあいまいになっている人も少ないので、これを機にしっかり覚えましょう。それでは、中学歴史の第二次世界大戦と太平洋戦争の違いと比較です。

第二次世界大戦と太平洋戦争

戦争 第二次世界大戦 太平洋戦争
きっかけ ドイツがポーランドでの侵攻開始 日本軍がハワイの真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃
おこった年 1939年 1941年
備考 ファシズムの枢軸国VS反ファシズムの連合国 太平洋戦争が始まり、第二世界大戦は世界規模の戦争に発展
スポンサーリンク

各国の対応

  • イタリア…ドイツが優勢と見るとドイツ側で参戦。1940年日独伊三国同盟を結び、関係を強化する。
  • アメリカ…1941年アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相が大西洋憲章発表。ファシズムとの対決姿勢を明らかにする。
  • 日本…情報の統制をする。すべての情報は政府の統制下に置かれ、正確な情報が国民には知らされなかった。国民の暮らしはさらに苦しくなったが、戦争に協力した。
    詳しく太平洋戦争(第2次世界大戦)とその時代の文化

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする