【中学歴史】旧石器時代のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【中学歴史】旧石器時代のまとめです。

旧石器時代

貝塚・遺跡・古墳

入試やテストに出る貝塚・遺跡・古墳の位置

スポンサーリンク

大陸と陸つづきの日本列島

1万2000年以上前の日本列島は、アジア大陸と陸つづきになっていた。そのため、アジア大陸にいたナウマンゾウやマンモス、オオツノジカなどが日本列島に移動してきた。このことは, ナウマンゾウなどの化石が、長野県の野尻湖をはじめ日本の各地で発掘されていることからわかる。

狩りと石器

日本列島には、何万年も前から人々が住み、石でつくった道具(石器)を使い、狩りなどをしてくらしていた。このことは、日本の各地から、1万2000年以上前の石器や動物の骨や角でつくった道具(骨角器)が発見されていることからわかる。1万年以上前の遺跡が最初に発見されたのは、群馬県の岩宿遺跡で、1946(昭和21)年のことだった。この近くに住んでいた相沢忠洋という青年が発見し、学者たちが発掘して、打製石器が見つかった。こうしてはじめて, 日本列島にも旧石器時代から人が住んでいたことがわかった。

このころの生活

日本列島は酸性土壌のため、リン酸カルシウムの骨は残りにくく、発見された人骨の数はあまり多くはない。また、10人程度の小集団で、一か所に長期間定住することはなく、小集団で、獲物を求めて一定の範囲を移動していた。そのため、テント式の小屋や一時的に岩かげや洞くつを住居にしたと考えられている。

日本人の祖先

1万2000年以上前、日本列島に住んでいた人々は、ユーラシア大陸からやってきたと考えられる。その後も日本列島には大陸の北や南から人々が移り住み、血がいりまじって、しだいに日本人の祖先が形づくられてきたと考えられる。

1万2000年以上前に日本列島に住んでいた人の骨が化石となって発掘されている。骨は土の中にうまると、数百年もたてば、とけてなくなってしまうが、化石になると、その形が残る。1万2000年以上前の人の骨は、静岡県浜松市浜北区、沖縄県八重瀬町港川などでの発見が報告されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク