【中学歴史】弥生時代のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【中学地理】弥生時代のまとめです。

弥生時代

貝塚・遺跡・古墳

入試やテストに出る貝塚・遺跡・古墳の位置

2300年以上前の縄文時代のおわりまでには、中国や朝鮮半島から米作り(稲作)の技 術が伝わった。人々は米作りなどの農業をして、食料を自分たちでつくるようになったのである。米作りは、中国や朝鮮半島に近い北九州で始まり、やがて東北地方にまでひろまった。

スポンサーリンク

登呂遺跡

静岡市の登呂遺跡には、紀元 200年ごろのむらと水田のあとが残っている。たて穴住居のあとがあり、むらには60人ほどが住んだと考えられる。水田は約50区画が発掘され、あぜ道や水路は矢板という板で仕切られていた。また、水田を耕すためのすき・くわ、湿地の中を歩くための田げたなどの木の農具が発見された。水田に種もみをじかにまき、稲が実る。石包丁で稲の穂をつみとった。2つの高床倉庫のあとがあり、つみとった稲の穂をたくわえた倉庫と考えられる。

弥生土器

縄文土器より高温で焼き、かたくてうすく、赤みがかった色の土器が、明治時代に現在の東京都文京区弥生二丁目付近から出てきたので、弥生土器と名づけられた。米作りが本格化して、弥生土器を使った紀元前400年ごろから紀元300年ごろまでの約700年間を、弥生時代という。
確認中学歴史の「縄文土器と弥生土器」の比較・違い

青銅器と鉄器

米作りの技術とともに、中国や朝鮮半島から青銅や鉄の道具が伝わり、日本でもつくられるようになった。青銅器はおもに祭りの道具として使われたが、鉄器は、おの・のみ・ナイフなど の木工具、くわ先・すき先・かまなどの農具、剣・刀などの武器として、実用にあてられた。青銅器や 鉄器は、まだ貴重だったので、石器や木の道具も使われた。

むらからくにへ

社会の変化

  1. 米作りでくらしが安定し、むらの人口がふえた。
  2. 農作業ではむらの人々が協力しなければならないので、むらの人々を指導するかしらがあらわれた。
  3. 豊作をいのる祭りがたいせつな行事になり、むらのかしらを中心にしておこなわれた。
    むらのかしらは、米などの富をたくわえ、むらの中心として高い身分につき、人々の間に
  4. 身分のちがいや貧富の差ができてきた。

弥生時代 まとめ

大陸から稲作が伝わり、弥生文化がおこった。弥生時代は、紀元前4世紀ごろ大陸から日本に移り住んだ人々が稲作を伝え、弥生文化がおこった。

  • 弥生土器…薄手でかための赤褐色の土器。
  • 稲作…九州に伝えられ、東日本に広まる。石包丁を使用。
  • 高床倉庫…収穫した米を蓄える場所。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク