【中学歴史】奈良時代のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「奈良時代」について入試やテストに出るところのポイントをまとめています。おさえておくべき人物としては、聖武天皇、出来事としては、公地公民、荘園など土地政策をしっかりおさえておきましょう。それでは、【中学歴史】奈良時代のまとめです。

奈良時代

奈良時代は、710年に元明天皇が、唐の長安(現在の西安)にならって奈良に都を造営し、藤原経から遷都した。この都を平城京とよび、奈良に都がおこれた70年余りを奈良時代といいます。

  • 平城京…唐の都長安にならって作られた都。条坊制で区画され、中央に朱雀大路が通り、平城宮は北端に位置します。16㎞ごとに駅家が設けられた(駅制)がこれは公用のみが使用可能。
スポンサーリンク

聖武天皇の政治

聖武天皇が即位した720~740年は、凶作が続き、疫病が流行するなど、社会不安が広がっていました。そこで、聖武天皇は、仏教の鎮護国家の思想で国の平安を保とうと

  • 国ごとに国分寺国分尼寺
  • 都に東大寺

を建てました、また、僧の行基は布教のかたわら、諸国をまわって橋や用水路などをつくり、政府の要請で大仏の造立にも積極的に協力しました。

農民のくらし

鉄製農具の広がりで、稲の収穫量はしだいに増加していきます。農民は、租・調・庸・雑ようなどの税のほか、兵役、防人も課せられました。このため、農民らの中には重い税や苦しい労役からのがれるために、戸籍の性別や年齢をいつわったり、口分田を捨てて逃亡して貴族や寺社の私有民となって、勝手に僧になって、税を免れる者をいました。

奈良時代の税

  • …1反あたり2束2把の稲を納める。収穫の約3%にあたる。
  • 調…地方の特産物
  • …歳役10日の代わりに布を納める。正丁なら2丈6尺である。
  • 雑徭…国司のもとでの年間60日以内の労役(のち桓武天皇の時、半減されて30日以内となる)
  • 出挙…稲の強制的貸し付け
  • 義倉…元来は飢饉対策。粟を蓄えた。

公地公民制から荘園へ

農民の逃亡や自然災害などで荒れ地が増え、人口の増加もあり、口分田が不足なるようになりました。そこで、

  • 723年 三世一身の法を出して、新しくかんがい施設をつくって土地を開墾した者には3代に限って私有を許すことにしました。
  • 743年 墾田永年私財法 3代後にはふたたび荒れ地になるので、新しく開墾した土地の永久私有を認めました。

墾田永年私財法が出され、有力な貴族や寺社などは、付近の農民や浮浪人を使って開墾を進めて、私有地を増やしていきました。これが原因で、公地公民制はくずれていきました。こうした私有地は、のちに荘園とよばれるようになりました。

遣唐使

朝鮮半島の情報を収集するとともに、唐の進んだ政治制度や文化などをまなぶために、遣唐使を派遣。唐の高僧である鑑真は、遣唐使の招きに応じて日本に渡ろうとしましたが、5回も失敗して盲目となりました。6度目の挑戦で、来日して仏教の戒律を伝えて、唐招提寺を開きました。

天平文化

  • 法隆寺…現存する世界最古の木造建築で、聖徳太子が建てたとされる寺
  • 正倉院…聖武天皇の愛用品などがおさめられている東大寺の建物
  • 万葉集…奈良時代に、さまざまな身分の人々の歌を集めてつくられた和歌集
  • 古事記…太安万侶がまとめた
  • 日本書紀…舎人親王らが編纂。
  • 風土記…国ごとに地名の由来・産物・伝承などを記した。

中学歴史 あわせて確認

以上が、【中学歴史】奈良時代のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク