中1理科「水溶液の性質」どれが溶媒?溶質?溶液?

中学1年理科。今日のテーマは「水溶液」です。まずは水溶液とは何なのかから押さえ、濃度の基本的な計算もマスターしましょう。

水溶液とは?

水溶液とは水に物質が溶けたもので、身近な例でいうと食塩水や砂糖水などが水溶液になります。水溶液と呼べるためには次の3つの性質を満たさなくてはなりません。

水溶液の性質
  • 色がついていても透明
  • 濃さは均一
  • 放置しても沈殿しない

この3つの性質を満たさないと水溶液とは呼べませんので、牛乳や泥水などは水溶液とは呼べません。

スポンサーリンク

溶質・溶媒・溶液

水溶液をつくるには、水に何かを溶かさなければなりません。このとき、溶かす物質、物質を溶かす液体、物質が溶けている液体に名前がありますので覚えましょう。

水溶液

  • 溶質
    溶けている物質のこと
  • 溶媒
    溶質を溶かす液体のこと
  • (水)溶液
    溶質と溶媒を合わせたもの

溶媒がの場合の溶液を、特に水溶液といいます。

水溶液の質量

水溶液の質量は、溶かす溶質の質量と溶媒の質量を合わせたものになります。

  • 水溶液の質量溶質の質量溶媒の質量

例えば、質量25gの食塩を水100gに溶かすと、できた水溶液である食塩水の質量は、
25g+100g=125g
となります。

いろいろな水溶液

水溶液でも、次の水溶液は入試や定期テストに頻繁に登場します。溶けている物質が固体なのか気体なのか。また、何という物質が溶質なのかをしっかりと覚えましょう。

食塩水(塩化ナトリウム水溶液)

  • 溶質:食塩(塩化ナトリウム)固体
  • 臭い:無し
  • 加熱すると:白い粒が残る
  • 性質:中性

砂糖水

  • 溶質:砂糖固体
  • 臭い:無し
  • 加熱すると:茶色のネバネバとしたものが残る
  • 性質:中性

塩酸

  • 溶質:塩化水素気体
  • 臭い:刺激臭
  • 加熱すると:何も残らない
  • 性質:酸性

炭酸水

  • 溶質:二酸化炭素気体
  • 臭い:無し
  • 加熱すると:何も残らない
  • 性質:酸性

水酸化ナトリウム水溶液

  • 溶質:水酸化ナトリウム固体
  • 臭い:無し
  • 加熱すると:白い粒が残る
  • 性質:アルカリ性

アンモニア水

  • 溶質:アンモニア気体
  • 臭い:刺激臭
  • 加熱すると:何も残らない
  • 性質:アルカリ性

石灰水(水酸化カルシウム水溶液)

  • 溶質:石灰(水酸化カルシウム)固体
  • 臭い:無し
  • 加熱すると:白い粒が出てくる
  • 性質:アルカリ性

水溶液 練習問題

  1. 次の中なら水溶液とは呼ばないものを選べ。
    ア:食塩水 イ:塩酸 ウ:石灰水 エ:牛乳
  2. 水溶液の濃さはどうなっているか。
  3. 水溶液の温度を変えず、そのまま放置しておくと沈殿するか。
  4. 食塩水の食塩のように、水に溶けている物質を何というか。
  5. 砂糖水の水のように、物質を溶かす液体を何というか。
  6. 食塩30gを水120gに溶かすと水溶液の質量は何gになるか。
  7. 食塩水の溶質を答えよ。
  8. 塩酸の溶質を答えよ。
  9. アンモニア水を水分がなくなるまで加熱すると後に何か残るか。
  10. 水酸化ナトリウム水溶液は何性か。

解答

  1. 均一(どこでも同じ)
  2. 沈殿しない
  3. 溶質
  4. 溶媒
  5. 150g
  6. 食塩(塩化ナトリウム)
  7. 塩化水素
  8. 何も残らない
  9. アルカリ性

あわせて復習したい単元

スポンサーリンク

シェアする