中1理科「濃度の計算」分母には溶媒ではなく溶液の質量!

シェアする

スポンサーリンク

中学1年理科。今日のテーマは「濃度の計算」です。数学の方程式の利用でも登場する濃度の計算ですが、理科では数学とは異なった切り口で出題されます。計算のポイントとよくある間違いもあわせてみていきましょう。

濃度とは?

濃度とは、簡単に言うと「濃さ」のことです。どれくらいたくさんの物質が溶けているかを表す数値になります。理科的な用語で説明すると、「(水)溶液」に対する「溶質」の割合になります。

スポンサーリンク

濃度の計算方法

濃度の計算方法は、次の手順で行います。

  1. 溶媒と溶質を合わせた溶液の質量を求める
    まずは、(水)溶液全体の重さを求めます。
  2. 溶質÷(水)溶液で溶質占める割合を計算する
    分数式で表すと分子が溶質、分母が(水)溶液の質量です。
  3. 最後に100倍にして百分率(%)を求めます。

濃度の計算

よくある濃度計算の間違い

濃度の計算でよくある間違えは、分母を「溶媒」で計算してしまうことです。

[悪い例]水100gに食塩25gを混ぜたときの濃度を計算せよ。

 25÷100×100=25%×

[正しい例]水100gに食塩25gを混ぜたときの濃度を計算せよ。

 25÷(100+25)×100=20%

分母は溶液の量、つまり全体の質量になります。間違えないように注意してください。

濃度の練習問題

  1. 濃度は、溶質の質量÷(  )の質量×100で求めることができる。(  )には、溶液、溶質、溶媒のどれが入るか。
  2. 食塩20gを水80gに溶かしたときの濃度は何%か。
  3. 食塩20gが溶けた食塩水80gの濃度は何%か。
  4. 濃度40%の食塩水200gには何gの食塩が溶けているか。

解答

  1. 溶液
  2. 20%
  3. 25%
  4. 80g

あわせて復習したい単元

スポンサーリンク

シェアする