中1理科「風化と侵食」流水のはたらきや地層のでき方

シェアする

スポンサーリンク

中学1年理科。今日のテーマは「風化と侵食」です。どのようにして地形が形成されるのかを考えていきましょう。

風化とは

風化とは、温度の変化や水の状態変化などにより、岩石などの表面がぼろぼろに崩れていく現象です。

温度が変化することで、物体の体積が変化します。温度が上がれば物体の体積が大きくなり、温度が下がると物体の体積は小さくなります。これを繰り返すことで、物体の表面がぼろぼろと崩れていきます。

また、水が固体の氷になると体積が大きくなります。このときに岩石などの表面をぼろぼろと崩すのです。

スポンサーリンク

侵食とは

侵食とは、流水のはたらきなどで岩石などが削られる現象です。水が流れた場所に溝ができるのも侵食のはたらきによるものです。

侵食により、山間部では深い谷が形成されます。また、中流域では川が蛇行し、流れが速いカーブの外側では崖が形成されます。

このように、流水のはたらきで地形が削られることが浸食になります。

  • 風化…温度変化や状態変化などで、岩石などが表面からぼろぼろと崩れていく現象。
  • 侵食…流水のはたらきなどで、地層や岩石が削られる現象。

流水の3作用

流れる水には3つのはたらきがあります。

  • 侵食…削るはたらき。
  • 運搬…運ぶはたらき。
  • 体積…積もらせるはたらき。

水の流れにより、それぞれのはたらきの大きさが決まります。

流れが速い 流れが遅い
侵食 大きい 小さい
運搬 大きい 小さい
体積 小さい 大きい

露頭

地層が地表に現れているところを「露頭」といいます。工事現場のがけや切り通しなどが郎党になります。

堆積

侵食され運搬されてきた土砂が降り積もることを「堆積する」といいます。堆積物は、粒の大きさなどで振り分けられ、地層を形成します。

堆積した地層は、長い年月をかけて押しつぶされ、硬くなって「堆積岩」に変化します。

風化と侵食 練習問題

  1. 温度の変化や水の状態変化などにより、岩石などの表面がぼろぼろに崩れていく現象を何というか。
  2. 流水のはたらきなどで、岩石が削られる現象を何というか。
  3. 流水の3つの作用を答えなさい。
  4. 崖など、地層が現れているところを何というか。
  5. 水の中で地層ができ、それが押し固まると何という岩石ができるか。

解答

  1. 風化
  2. 侵食
  3. 侵食作用、運搬作用、堆積作用
  4. 露頭
  5. 堆積岩
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク