中1理科「プレート」海溝や海嶺とプレートの動く向き

シェアする

スポンサーリンク

中学1年理科。今日は地球の表面を覆う固い板であるプレートについて学習します。図を見ながら用語やプレートの動きを答えられるように練習しておきましょう。

プレートとは

地球表面には、プレートという固い板があります。人間でいうと皮膚のようなものが地球にもあるのです。プレート内側、地球の内部にはマグマのような状態のマントル、そして中心には金属でできた核があります。

地球の表面をおおうプレートですが、実は1年間に数mmから数cmほど動いています。その動いているプレートの上に我々人間は住んでいるのです。

スポンサーリンク

大陸プレートと海洋プレート

日本は地震多発国です。なぜこうも地震が多いのかというと、ちょうどプレートの境界に日本が位置しているからです。プレートの動きによってひずみ生じ、断層がずれたり、プレート自信が動くことで地震が生じるのです。

日本では、ユーラシア大陸側の大陸プレートと太平洋側の海洋プレートの2種類のプレートがぶつかり合っています。

プレート

  • 大陸プレート
    ユーラシアプレートと北アメリカプレート
  • 海洋プレート
    太平洋プレートとフィリピン海プレート

海溝と海嶺

上図のようなプレートの動きによって、日本近海では「海溝」という地形が形成されます。

海溝と海嶺

  • 海溝
    大陸プレートの下に、海洋プレートが沈み込んでいる場所。大陸プレートが引きずり込まれ、ひずみが生じ、反発するときに地震が発生します。
  • 海嶺
    海洋プレートがうまれる場所です。地下から高温のマグマが湧き上がってきて、海洋プレートとなり、両側に広がっていきます。

上の図のプレートの動く向きが頻繁に出題されます。海嶺から両側に海洋プレートが広がり、海溝の下にもぐりこんでいることを覚えておきましょう。つまり、海嶺はプレートがうまれる場所であり、海溝はプレートの墓場となっているのです。

また、上図の●で表された部分が震源になります。海溝付近の震源のようすをしっかりと確認してください。太平洋側から日本海側に行くにしたがって、震源の深さが深くなっている点もポイントとなります。

プレート 練習問題

  1. 地球の表面をおおう固い板を何というか。
  2. 日本列島付近ではプレートがぶつかり合っている。日本の大陸側のプレートには何プレートがあるか。2つ答えよ。
  3. 大陸プレートの下に海洋プレートが沈み込んでいる場所を何というか。
  4. 3で地震が発生した場合、地震のゆれのほかに、何に最も気をつけないといけないか。
  5. 地下から高温のマグマが湧き上がっている場所で、海洋プレートが生まれいる場所を何というか。

解答

  1. プレート
  2. ユーラシアプレート、北アメリカプレート
  3. 海溝
  4. 津波
  5. 海嶺
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. 山田花子 より:

    練習問題の5の答えは海嶺ではないですか?違ったらすみません

    • 運営チーム より:

      山田様
      ご指摘ありがとうございます!
      練習問題5の正しい解答は、ご指摘の通り「海嶺」になります。
      ご迷惑おかけしました。修正しております。
      今後ともよろしくお願いします!