中1理科「光合成と呼吸」植物のはたらきで最も大切な単元!

シェアする

スポンサーリンク

中学1年理科。今日は植物のはたらきの中で、最も大切な単元である「光合成と呼吸」について学習します。何のために光合成や呼吸を行っているのか。このときの気体の出入りにも注目しましょう。

光合成と呼吸

植物も人間と同じ生物です。なので、一日中いつでも呼吸というはたらきを行っています。植物が動物と異なるのは、光が当たっているときに光合成というはたらきができることです。光合成によって、植物は生きていくために必要な養分を自ら作り出しています。

スポンサーリンク

光合成

植物が光をあび、緑色の葉緑体で、気孔から取り入れた二酸化炭素と、根で吸収し道管を通ってやってきたから、有機物であるデンプンを作り出すはたらきを光合成といいます。このときいらない酸素を気孔から空気中に放出します。

ここで注意したいのは、光合成で植物は酸素をつくることが目的ではなく、デンプンをつくることが目的であるということです。このデンプンで、植物は大きく成長するのです。

光合成

光合成での物質の変化

二酸化炭素→デンプン+酸素

この変化は光エネルギーをもとに行われます。太陽の光が当たっているお昼に光合成ができるのです。

光合成と呼吸

植物は、光が当たっていない夜は呼吸のみを行い、光が当たっているお昼には呼吸と光合成を行っています。光が当たっているときは呼吸で吐き出す二酸化炭素より、光合成で吸収する二酸化炭素の方が多く、見た目上二酸化炭素を吸収しているように見えます。

光合成と呼吸

光合成と呼吸 練習問題

  1. 植物は光が当たっているとき、デンプンを自らつくりだすはたらきを行っている。このはたらきを何というか。
  2. 植物がデンプンを作り出すとき、何という物質を材料として使っているか。2つ答えよ。
  3. 呼吸や光合成で出入りする気体は、何という穴を通っているか。
  4. 光合成が行われる緑色の粒を何というか。
  5. 光合成でできたデンプンが師管を通って全身に運ばれるとき、どんな物質に変化するか。
  6. 植物に光が十分に当たっているとき、呼吸で吸収する酸素の量と、光合成で排出する酸素の量ではどちらが多いか。

解答

  1. 光合成
  2. 二酸化炭素、水
  3. 気孔
  4. 葉緑体
  5. 糖(水に溶けやすい物質)
  6. 光合成で排出する酸素の量

入試レベル問題に挑戦!BTB溶液を使った光合成の問題!点数が上がる高校入試理科最強問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク