中2理科「肝臓のはたらき」3つのはたらきは頻出!

シェアする

スポンサーリンク

中学2年理科。今日は人体の化学工場といわれる「肝臓」について焦点を当てて見ます。肝臓のはたらきは多岐にわたりますが、中でも次の3つのはたらきが入試や定期テストに出題されます。

肝臓とは?

肝臓とは、お腹の中心からやや右寄りにある、臓器の中でも最大の臓器です。レバーやフォアグラも動物の肝臓になります。

肝臓は「人体の化学工場」と言われるように様々なはたらきを担っています。しかも一番大きい臓器ですので、体の中で一番熱を出している臓器でもあります。

スポンサーリンク

肝臓のはたらき

入試や定期テストでよく聞かれるのが、肝臓のはたらき、中でも次の3つは超頻出です。

  1. 有害なアンモニアを無害な尿素に変える。
    細胞の呼吸で生じたアンモニアや養分と一緒に吸収してしまったアンモニアを無害な尿素に変える働きがあります。
  2. 胆汁をつくる。
    脂肪の消化を助けるはたらきがある胆汁をつくり胆のうに蓄えます。
  3. 養分を一時グリコーゲンとして蓄える。
    ブドウ糖などの養分をグリコーゲンとして一時蓄えます。

肝臓のはたらき

その他にも、人体にとって有害な物質を無害な物質に分解するはたらきや、熱を発生させ体温を維持するはたらきもあります。

肝門脈

小腸と肝臓は「門脈」という血管でつながっていて、小腸を通った血液は必ず肝臓を流れるようになっています。これは、小腸で吸収してしまったアンモニアを無害な尿素に変えるためです。

肝臓に入る前の門脈を流れる血液にはアンモニアが多く含まれていますが、肝臓を通過したあとの血液にはアンモニアが少なく、尿素が多い血液が流れています。

肝臓のはたらき練習問題

  1. 人体の化学工場と呼ばれている体の中で一番大きな臓器は何か。
  2. 肝臓では有害なアンモニアを無害な何につくり変えているか。
  3. 肝臓では脂肪の消化を助ける何という消化液をつくっているか。
  4. 3はどこに蓄えられるか。
  5. 肝臓と小腸は何という血管でつながっているか。
  6. 肝臓を流れる前の血液にはアンモニアが多く含まれ、肝臓を流れた後の血液には尿素が多く含まれている。このことから肝臓にはどのようなはたらきがあると考えられるか。

解答

  1. 肝臓
  2. 尿素
  3. 胆汁
  4. 胆のう
  5. 門脈
  6. 有害なアンモニアを無害な尿素につくりかえるはたらき。

あわせて確認したい単元

化学変化の復習

スポンサーリンク

シェアする