中2理科「消化と吸収」絶対に覚えるべきポイント解説

シェアする

スポンサーリンク

中学2年理科。今日のテーマは「消化と吸収」です。消化とは何なのか、また絶対に覚えるべき基礎事項を勉強していきましょう。

消化とは?

消化とは、食物を噛み砕いたり、消化液によって粒を小さくすることです。粒が小さくなることで水に溶ける養分になり、血液中に吸収することができるようになります。血液中に吸収できれば、血液成分の血しょうが全身に養分を送り届けてくれます。

スポンサーリンク

三大栄養素の消化

動物が食べる食物は大きく分けて3つに分類できます。

  • 炭水化物(デンプン)
    ごはん、パン、ジャガイモ、麺類など
  • タンパク質
    肉、魚、卵、大豆、豆腐など
  • 脂肪
    マヨネーズ、ドレッシング、胡麻など

炭水化物(デンプン)や脂肪は、体を動かす際のエネルギー源になります。つまり細胞の呼吸で使われる養分になります。タンパク質は、体をつくる元となる物質です。

この三大栄養素が消化されることによって、何という養分になるのかが重要です。まずはここをしっかりと覚えましょう。

  • 炭水化物ブドウ糖
  • タンパク質アミノ酸
  • 脂肪脂肪酸モノグリセリド

養分の吸収

消化された養分は小腸で吸収されます。小腸の内側はひだ状になっており、その表面は「柔毛」という無数の突起物で覆われています。

柔毛のような作りは、表面積を大きくするのに役立っており、効率よく養分を吸収できるようになっています。

柔毛の中には2つの管が通っており、消化された養分はその管に吸収されます。どの養分が、どの管に入るのかを覚えましょう。

  • ブドウ糖→毛細血管
  • アミノ酸→毛細血管
  • 脂肪→リンパ管

消化されてできた脂肪酸とモノグリセリドは、柔毛内で脂肪になりリンパ管に吸収されます。

消化と吸収の練習問題

  1. 三大栄養素のうち体の材料となる養分は何か。
  2. 炭水化物が消化されると最終的に何という養分になるか。
  3. タンパク質が消化されると最終的に何という養分になるか。
  4. 脂肪が消化されると最終的に何という養分になるか。
  5. 小腸の柔毛の毛細血管に吸収される養分は何か。
  6. 脂肪は何という管に吸収されるか。
  7. 柔毛のつくりの利点を答えよ。

解答

  1. タンパク質
  2. ブドウ糖
  3. アミノ酸
  4. 脂肪酸、モノグリセリド
  5. ブドウ糖、アミノ酸
  6. リンパ管
  7. 表面積が大きくなる点

あわせて確認したい単元

化学変化の復習

スポンサーリンク

シェアする