中2理科「有機物の燃焼」含まれる原子やできる物質

中学2年理科の酸化の単元で、有機物の燃焼実験が出題されます。中学1年では、有機物は、炭素を含む物質で、燃やすと二酸化炭素が発生すると学習しましたが、中学2年生ではもっと詳しく学習していくことになります。

有機物の燃焼実験

集気びんに石灰水を入れ、その中でエタノールやろうなどの有機物を燃焼させます。集気びんの中の酸素と反応して、次のような反応が起こります。

有機物の燃焼

有機物+酸素O2→二酸化炭素CO2+水H2O

まず、有機物を燃焼させると、次の2つの物質が発生します。

  • 二酸化炭素(CO2)
    石灰水が白くにごったことからわかる
  • 水(H2O)
    集気びんの内側が白くくもったことからわかる

また、二酸化炭素と水が発生したことから、有機物には次の2つの原子が含まれているとわかります。

  • 炭素原子C
    二酸化炭素(CO2)が発生したことからわかる
  • 水素原子H
    水(H2O)が発生したことからわかる

つまり、有機物は炭素Cと水素Hを含む化合物であることがわかります。

スポンサーリンク

どんな物質が有機物

有機物がどんな原子を含んでいて、燃焼するとどんな物質が発生するかがわかったと思います。しかし、実際にどんな物質が有機物か選ぶ問題が解けない生徒も多く見かけます。

有機物かどうかを判断するには、次の3点を考えてみるとわかりやすいと思います。

  1. フライパンに入れて加熱すると黒く焦げるか?
  2. 燃やすと炭やすすが発生するか?
  3. 燃料として使用されているか?

例えば、砂糖と食塩ですが、フライパンに入れて加熱してみてください。砂糖は融けてだんだん茶色になり、最後には黒く焦げてしまします。このような物質は有機物です。食塩は加熱しても白いままです。このような物質は無機物になります。

木やプラスチックのように、燃えた後に炭やすすが発生するような物質も有機物になります。

石油や石炭、天然ガス、エタノール、油、ろうのように燃料となる物質も有機物です。

燃焼とは?

ここでは有機物が燃焼しています。では、燃焼とはどういう化学変化になるのでしょうか。化合、酸化、燃焼の違いをしっかりと理解してください。

  • 化合
    2種類以上の物質が結びつき、別の1つの物質になる化学変化。
  • 酸化
    酸素と結びつく化合のこと。
  • 燃焼
    熱や光を激しく出しながら酸化すること。
  • さび
    ゆっくりと酸化すること。

光や熱を出しながら、激しく反応するのが燃焼になります。有機物の他にマグネシウムなども空気中で燃焼します。

有機物の燃焼の練習問題

  1. 有機物を燃焼させると何という物質が発生するか。物質名で2つ答えよ。
  2. 有機物を燃焼させると何という物質が発生するか。化学式で2つ答えよ。
  3. 1から有機物には何という原子が含まれているとわかるか。原子の名称を2つ答えよ。
  4. 1から有機物には何という原子が含まれているとわかるか。原始の記号で2つ答えよ。
  5. 燃焼とはどんな化学変化か。簡潔に答えよ。
  6. 次の中から、有機物をすべて選べ。
    ア:砂糖 イ:食塩 ウ:卵 エ:酸素 オ:マグネシウム カ:エタノール キ:水

解答

  1. 二酸化炭素、水
  2. CO2、H2O
  3. 炭素原子、水素原子
  4. C、H
  5. 光や熱を激しく出しながら酸化すること。
  6. ア、ウ、カ

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

シェアする