高校入試・定期テストに出る化学反応式一覧

シェアする

スポンサーリンク

中間テストや期末テスト、高校入試に過去に出題されたことのある化学反応式を一覧にしてみました。化学変化ごとにまとめています。自力でかけるかどうかも確認しておきましょう。

入試・テストに出る化学反応式

化学反応式とは、化学変化を化学式と数字で表したもので、化学の勉強での必須の知識になります。まずは、それぞれの物質の化学式が書けることが大切です。その後に原子の数合わせで係数をつけることができるようになれば、化学反応式をかけるようになります。
参考中2理科「化学式」化学式暗記の練習問題

黄色マーカーの化学反応式は、入試でよく登場するものです。

スポンサーリンク

分解の化学反応式

分解は、1種類の物質が2種類以上の別の物質に分かれる化学変化でした。
A→B+C
このような化学変化となります。

炭酸水素ナトリウムの熱分解

炭酸水素ナトリウム→炭酸ナトリウム+二酸化炭素+水

2NaHCO₃→Na₂CO₃+CO₂+H₂O
参考中2理科「炭酸水素ナトリウムの熱分解」水に溶けやすいのは?

酸化銀の熱分解

酸化銀→銀+酸素

2Ag₂O→4Ag+O₂
参考中2理科「酸化銀の熱分解」化学反応式が書けるかが鍵!

水の電気分解

水→水素+酸素

2H₂O→2H₂+O₂
参考中2理科「水の電気分解」用意ドン!の語呂合わせで覚える

塩化銅水溶液の電気分解

塩化銅→銅+塩素

CuCl₂→Cu+Cl₂
参考中3理科「塩化銅水溶液の電気分解」イオンの動きから発生する物質まで!

塩酸の電気分解

塩酸→水素+塩素

2HCl→H₂+Cl₂
参考中3理科「塩酸の電気分解」陽極と陰極から発生する気体は?

化合の化学反応式

化合は、2種類以上の物質が結びつき、別の物質になる化学変化でした。
A+B→C
という化学変化となります。化合する物質によって、硫化や酸化、さらに激しく熱や光を出す燃焼がありました、

鉄の硫化

鉄+硫黄→硫化鉄

Fe+S→FeS
参考中2理科「鉄と硫黄の化合」過不足がある質量の計算問題!

銅の硫化

銅+硫黄→硫化銅

Cu+S→CuS

銅の酸化

銅+酸素→酸化銅

2Cu+O₂→2CuO
参考中2理科「酸化と燃焼」色の変化と質量の変化がポイント!

マグネシウムの燃焼

マグネシウム+酸素→酸化マグネシウム

2Mg+O₂→2MgO

スチールウールの燃焼

鉄(スチールウール)+酸素→酸化鉄

2Fe+O₂→2FeO

炭素の燃焼

炭素+酸素→二酸化炭素

C+O₂→CO₂

水素の燃焼

水素+酸素→水

2H₂+O₂→2H₂O

有機物の燃焼の化学反応式

エタノールやメタンなどのCとHを含む化合物の燃焼の化学反応式です。燃焼後、二酸化炭素と水ができるのが特徴です。

メタンの燃焼

メタン+酸素→二酸化炭素+水

CH₄+2O₂→CO₂+2H₂O
参考中2理科「有機物の燃焼」含まれる原子やできる物質

エタノールの燃焼

エタノール+酸素→二酸化炭素+水

C₂H₅OH+3O₂→2CO₂+3H₂O

プロパンの燃焼

プロパン+酸素→二酸化炭素+水

C₃H₈+5O₂→3CO₂+4H₂O

エタンの燃焼

エタン+酸素→二酸化炭素+水

2C₂H₆+7O₂→4CO₂+6H₂O

還元の化学反応式

還元とは、酸化物から酸素をとり去る化学変化でした。同時に酸化も起こるのが特徴です。
酸化A+B→A+酸化B

酸化銅を炭素で還元

酸化銅+炭素→銅+二酸化炭素

2CuO+C→2Cu+CO₂
参考中2理科「酸化銅の還元」酸化も同時に起こる反応

酸化銅を水素で還元

酸化銅+水素→銅+水

CuO+H₂→Cu+H₂O

酸化鉄を炭素で還元

酸化鉄+炭素→鉄+二酸化炭素

2Fe₂O₃+3C→4Fe+3CO₂

二酸化炭素をマグネシウムで還元

二酸化炭素+マグネシウム→炭素+酸化マグネシウム

CO₂+2Mg→C+2MgO

中和

中和とは、酸とアルカリの水溶液を混ぜると、お互いの性質を打ち消し合う反応でした。水と塩ができましたね。
酸の水溶液+アルカリの水溶液→塩+水

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和

塩酸+水酸化ナトリウム→塩化ナトリウム+水

HCl+NaOH→NaCl+H₂O
参考中3理科「中和と塩」酸とアルカリの中和の基本を確認!

硫酸と水酸化バリウム水溶液の中和

硫酸+水酸化バリウム→硫酸バリウム+水

H₂SO₄+Ba(OH)₂→BaSO₄+2H₂O

酢酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和

酢酸+水酸化ナトリウム→酢酸ナトリウム+水

CH₃COOH+NaOH→CH₃COONa+H₂O

酢酸とアンモニアの中和

酢酸+アンモニア→酢酸アンモニウム

CH₃COOH+NH₃→CH₃COONH₄
(CH₃COOH+NH₃+H₂O→CH₃COONH₄+H₂O)

気体の発生の化学反応式

酸と金属の反応、酸と石灰石の反応などです。質量保存の法則でよく登場します。

塩酸とマグネシウムの反応

塩酸+マグネシウム→塩化マグネシウム+水素

2HCl+Mg→MgCl₂+H₂

塩酸と炭酸カルシウムの反応

塩酸+炭酸カルシウム→塩化カルシウム+二酸化炭素

2HCl+CaCO₃→CaCl₂+CO₂+H₂O

塩酸と炭酸水素ナトリウムの反応

塩酸+炭酸水素ナトリウム→塩化ナトリウム+二酸化炭素+水

HCl+NaHCO₃→NaCl+CO₂+H₂O

硫化鉄と塩酸の反応

硫化鉄+塩酸→塩化鉄+硫化水素

FeS+2HCl→FeCl₂+H₂S

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク