中3理科「生物のつながり」食物連鎖の図をマスター

シェアする

スポンサーリンク

中学3年の生物分野では、生命の連続性(細胞分裂、生殖、遺伝)と、もう一つ「生物のつながり」を学習します。生物と生物、生物と環境がどのようにつながっているのかをしっかりとマスターしましょう。

生物のつながり「食物連鎖」

食物連鎖とは、食べる・食べられるという関係による生物どうしのつながりのことをいいます。すべての生物が食物連鎖に組み込まれており、複雑に影響し合いながら生活しているのです。

食物連鎖

どの生物が、どの生物を食べているのかをしっかりと覚えておきましょう。→は有機物の移動を表しており、入試などでは、「間違った矢印を選べ」という問題をよく見かけます。

スポンサーリンク

食物網

食物網とは、食物連鎖が複雑な網の目のようになっていることをいいます。

  • 食べる・食べられるの関係→食物連鎖
  • 食物連鎖が複雑な網に目のようになっていること→食物網

生態系

生物だけでなく、生物とそのまわりの大気・水・光・土などの環境までをひとまとまりとしてとらえたものを生態系といいます。

生産者

植物のことを、自然界でのはたらきから「生産者」といいます。なぜ生産者と呼ばれるかというと、植物は自然界で唯一、光合成のはたらきにより無機物から有機物をつくり出せるからです。

生産者である植物は、食物連鎖の出発点になります。したがって、動物よりも圧倒的に数が多くなります。

消費者

動物のことを、自然界で「消費者」といいます。消費者である動物は、自分で有機物をつくりだすことができないため、生産者がつくりだした有機物を食べることで生きています。

草食動物は、生産者(植物)を直接的に、肉食動物は間接的に利用しています。

生物のつながり・食物連鎖 練習問題

  1. 生物間の食べる・食べられるのつながりを何というか。
  2. 1が網の目のように複雑になっていることを何というか。
  3. 植物は、そのはたらきから自然界で何と呼ばれているか。
  4. 植物が3のように呼ばれるのは、何というはたらきができるからか。
  5. 植物に対し、動物は自然界の何と呼ばれているか。
  6. 生物だけでなく、そのまわりの空気や水、光などもひとまとまりとしてとらえたものを何というか。

解答

  1. 食物連鎖
  2. 食物網
  3. 生産者
  4. 光合成
  5. 消費者
  6. 生態系
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク