中3理科「慣性の法則」記述問題が頻出!

シェアする

スポンサーリンク

中学3年の力学では「慣性の法則」と「作用・反作用の法則」が登場します。どちらも力学を勉強するうえで非常に重要な法則になりますので、しっかりと勉強していきましょう。まずは慣性の法則です。

慣性の法則

慣性の法則とは、一言で簡単に行ってしまうと「運動を続けようとする法則」です。例えば止まっている物体は止まり続けているし、動いている物体は動き続けようとしますよね。これを詳しく説明しているだけのことです。

しかし、ここは記述問題まで詳しく出題されますので、しっかりと書けるように練習しましょう。

スポンサーリンク

慣性の法則の記述

物体に、外から力がはたらかない場合、もしくは、力がはたらいていてもつり合っている場合、静止している物体は静止をし続け、運動している物体は等速直線運動を続けようとする」ことを慣性の法則といいます。

また、物体が持つこのような性質を「慣性」といいます。慣性は物理界の巨匠「ニュートン」によって唱えられた概念です。なので、ニュートンの運動の第1法則とも呼ばれています。

慣性の身近な例

身近な物理現象で、慣性の具体例を書かせる問題も頻出です。次の3つを説明できれば問題ないでしょう。

電車が発車するとき

止まっている電車が発車するとき、体が進行方向と逆方向に傾く

これは、静止をしている電車にモーターのパワーが加わり動き出しますが、電車に乗っている人はそのまま、その場所に静止をし続けようとして、電車の進行方向とは逆向きに傾いてします現象です。

電車が急停車したとき

動いている電車が急停車すると、体が進行方向に傾く

電車にはブレーキの摩擦力がはたらき速度が落ちますが、電車の中で電車と一緒に運動している人は、そのままの速度で等速直線運動を続けようとするので、進行方向に体が傾いてしまします。

ダルマ落とし

ダルマ落としで、胴の一部をたたいて横に弾き飛ばしても、その上のダルマの頭部は、そのまま下に落ちる

胴の一部に力を加えると、その部分は力の向きに弾き飛ばされますが、その上の部分には力が加わっていないので、そのまま静止し続け、下に落ちる。

慣性の法則練習問題

(1)物体がその運動を続けようとする法則を何というか。
(2)物体がその運動を続けようとする性質を何というか。
(3)物体に外から力を加えない場合、静止している物体はどうなるか。
(4)運動している物体にはたらく力がつり合っている場合、物体はどんな運動をするか。
(5)慣性の法則を「力」「静止」「等速直線運動」の語句を使って説明せよ。
(6)身近な慣性の具多例を書け。

解答

(1)慣性の法則
(2)慣性
(3)静止をし続ける。
(4)等速直線運動を続ける。
(5)物体に外から力がはたらかない場合、静止している物体は静止をし続け、運動している物体は等速直線運動を続けようとすること。
(6)電車が急ブレーキをかけると、体が進行方向に傾いた。

スポンサーリンク

シェアする