中3理科「酸性・アルカリ性の水溶液」この水溶液は絶対に覚える!

シェアする

スポンサーリンク

中学3年理科。今回は「酸・アルカリ」の単元で登場する、酸性・アルカリ性の水溶液を説明します。どの水溶液が何性で、何が溶けているのかをしっかりと覚えてください。

酸性・アルカリ性の水溶液

酸・アルカリの単元でも説明したように、水に溶けると水素イオンH+が生じる物質を酸、水酸化物イオンOHが生じる物質をアルカリといいました。

  • 塩酸(酸性の水溶液)
    HCl→H+Cl
  • 水酸化ナトリウム水溶液(アルカリ性の水溶液)
    NaOH→Na+OH

今回は、酸性の水溶液で覚えておきたいもの、アルカリ性の水溶液で覚えておきたいものを紹介します。

スポンサーリンク

酸性の水溶液

酸性の水溶液は、名称に「〇〇酸」とつく場合が多いです。また、なめると酸っぱかったり、シュワシュワとする性質があります。

 酸性の水溶液 溶質(溶けているもの)  その他覚えること
塩酸 塩化水素(気体)  刺激臭
硫酸 硫酸(液体)
炭酸 二酸化炭素(気体)
雨水 二酸化炭素など
レモン汁(クエン酸) クエン酸

アルカリ性の水溶液

アルカリ性の水溶液は、名称に「水酸化〇〇水溶液」という名称がつきます。また、なめると苦かったり、手で触るとぬるぬるする性質があります。

アルカリ性の水溶液 溶質(溶けているもの) その他覚えること
水酸化ナトリウム水溶液 水酸化ナトリウム(固体)
水酸化バリウム水溶液 水酸化バリウム(固体)
アンモニア水 アンモニア(気体) 刺激臭
石灰水 石灰(水酸化カルシウム) 別名は水酸化カルシウム水溶液
セッケン水 セッケン(固体)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク