雲のでき方に関する問題!点数が上がる高校入試理科最強問題

シェアする

スポンサーリンク

どうやって雲が発生するのかを問う問題も入試では出題されます。丸底フラスコを使った実験から、自然界での雲のでき方まで、その原理をマスターしましょう。

雲のでき方に関する問題

問題下図のような装置をつくり、丸底フラスコに少量の水と線香の煙を入れ、大型の注射器のピストンをすばやく押したり引いたりして、フラスコの中のようすを観察した。次の各問いに答えよ。

雲のでき方

  1. ピストンをすばやく引くと、フラスコ内が白くくもった。このときフラスコ内に何が生じているか。
  2. フラスコの中に少量の水を入れる理由を答えよ。
  3. フラスコの中に線香の煙を入れる理由を答えよ。
  4. ピストンを強く引いたときどのような変化が生じているか。次の文の( )に適する語を記入せよ。
    ピストンをすばやく引くと、フラスコ内の気圧が( ① )り、空気が( ② )し、気温が( ③ )って、気温が( ④ )に達し、水蒸気が( ⑤ )し、水滴になって現れる。
  5. この実験からわかるように、自然界で雲ができるためには、上昇気流と下降気流のどちらが生じないといけないとわかるか。
スポンサーリンク

雲のでき方に関する問題 練習問題

  1. 水滴(水)
    ガラスなどが白くくもっているとき、水蒸気が凝結して水滴がついています。
  2. フラスコ内の湿度をあげるため。
    水蒸気を補い、ある程度湿度が高い状態にしないと雲ができません。
  3. 水蒸気が水滴になるときの凝結核をつくるため。
    水蒸気が凝結し、水滴になるには、水滴ができる中心(凝結核)が必要です。
  4. ①下が ②膨張 ③下が ④露点 ⑤凝結
    気圧が下がる→空気が膨張する→気温が下がる→露点に達する→水蒸気が凝結し水滴になる。
  5. 上昇気流
    気圧が下がるためには、空気が上昇しないといけません。なので、上昇気流が生じているところでは雲が多く発生します。
スポンサーリンク

シェアする