蒸散量に関する問題!点数が上がる高校入試理科最強問題

シェアする

スポンサーリンク

今日は植物のはたらきで学習した、蒸散に関する問題です。特に蒸散量を計算で求めさせる問題でミスが多いようです。今日は、計算のコツを説明しますので、必ず正解できるように練習してください。

蒸散量に関する問題

問題葉の大きさや枚数、茎の太さがほぼ同じアジサイを用いて図のような装置A~Dを準備し、水の減少量を調べた。4時間後、メスシリンダー内の水の減少量を調べると、Bは12cm³、Cは8cm³、Dは2cm³減少していた。次の各問いに答えよ。

蒸散量

  1. この実験は、植物の何というはたらきを調べる実験か。
  2. メスシリンダーの水の表面に油を入れた理由を答えよ。
  3. 水は、茎の中の何という管を通って上がっていくか。
  4. Aは何cm³水が減少するか求めよ。
  5. この実験で、気孔は葉の表と裏のどちらに多いことがわかるか。
スポンサーリンク

蒸散量に関する問題 解答・解説

  1. 蒸散
    植物は、根で吸い上げた水を気孔から水蒸気として空気中に放出する蒸散というはたらきを行っています。
  2. 水面からの水の蒸発を防ぐため。
    水面から水が蒸発しては、蒸散での水の減少量がわからなくなってしまいます。
  3. 道管
    根で吸収した水や水に溶けた養分は、茎の維管束の内側にある道管を通って全身に運ばれます。
  4. 18cm³
    次のような表をかくと正確に求められます。

    A B C D
    葉の表 × ×
    葉の裏 × ×
    くきくき くきくき くきくき くきくき
    蒸散量 12cm³ 8cm³ 2cm³

    ここに数字を入れると、

    A B C D
    葉の表  6cm³  × 6cm³  ×
    葉の裏 10cm³  10cm³  × ×
    2cm³ 2cm³ 2cm³ 2cm³
    蒸散量  18cm³ 12cm³ 8cm³ 2cm³

  5. 上の表を見てもらうと、葉の裏からの蒸散量が葉の表からの蒸散量よりも多いことがわかります。このことから、葉の表側よりも、葉の裏側に気孔が多いと判断できます。
スポンサーリンク

シェアする